モビットのサービスの特徴

最近ではインターネット等から24時間365日申し込みが可能な、便利なカードローンやキャッシング等のローンサービスが多数ありますが、消費者金融のキャッシングの場合でも、大手銀行のカードローンの場合でも、審査の一環として勤務先へ在籍確認のための電話がされるということが一般的になっています。

しかしカードローンやキャッシングサービスなどを提供している、三井住友銀行グループの金融機関であるモビットであれば、在籍確認の電話無しでキャッシングの利用が可能となっています。

事実公式サイトでは、Web完結申込で申し込みをすることで、郵送物も電話確認も無しで契約が可能と、公式にアナウンスされているので、安心して申し込みができるのです。

モビットではWeb完結申込をする場合、通常のカードローンとは若干必要となるものが異なるので、注意が必要となります。

偏差手段は銀行の預金口座からの自動返済に限られますし、返済用口座として、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座が必要となっているのです。

加えて、電話確認のかわりに保険証の写しや給与明細書の写しが必要となるので、忘れずに準備をする必要があります。

勤務先への在籍連絡がないので、同僚にローンを申し込んだことがバレにくいサービスとなっているので、誰にも知られずにキャッシングを利用したという人にはおすすめのサービスです。

キャッシングの返済に関してのこと

キャッシングでお金を借りること自体はそんなに悪いことではないのです。借金である、ということは確かであるわけですが、それでもキチンと返済をすることができるのであればそれは十分に問題ない、ということになります。そこは安心してよいでしょう。キャッシングは返済計画が何より大事なことになるでしょう。

キャッシングサービスをしているところはいくつもありますが、まずは金利を見ることです。金利をよく見て、最も安いところから借りるようにした方がよいでしょう。それがとても大事なことになるでしょう。キャッシングサービスの多くが意外と無利息期間を持っていたりします。

つまりは、その期間はノーコストで借りることができる、ということになります。これが何より有難いことであるといえますから、しっかりと覚えておいたほうがよいでしょう。そうすることによって、上手く活用できるようになるでしょう。キャッシングの返済はできれば一括がよいでしょう。

最近ではリボルビング払い、というのも簡単にできるようになっているのですが、基本的にはそれはお勧めできるようなものではないです。あくまで、すぐに返すことができるようにしたほうがよいでしょう。

知名度の低い中小消費者金融と闇金を見分けるには?

大手消費者金融のように知名度の高い貸金業者以外に、街金融と呼ばれる部類の貸金業者は日本国内に沢山あります。

一般的に中小消費者金融と言われることが多くなりますが、会社名を聞いても『闇金ではないの?』や『安心できる会社?』といったことで不安を感じる筈です。

しかし、闇金と正規の貸金業者を見分ける方法は容易であり、貸金営業許可の番号や日本貸金業協会の登録番号を確認することで分かります。

貸金営業許可番号は、例えば『東京都知事(◯)第○○○○◯号』といったように記載がされており、財務局や都道府県のホームページから検索することが出来ます。

また、日本貸金業協会のホームページでも貸金営業許可番号や同協会の登録番号も調べられます。基本的にこれらの番号を確認することで簡単に判別は出来るものの、近年では闇金や悪徳業者も登録を行うケースがあります。この場合、登録番号のカッコ内の番号が1と記載されている場合は注意をする必要があります。

さらに、闇金の場合は正規の貸金業者の情報を丸パクリし、ホームページを開設するケースがあるため、URLや電話番号に注意が必要となります。ホームページのURLで判別することも可能ですが、登録されている電話番号を紹介するのが一番早い方法になります。

大手の消費者金融の自動契約機で申し込みをする時の注意点

大手の消費者金融は全国各地に自動契約機が設置されています。申込手続きを自動契約機で行うと契約完了後にその場でキャッシングカードが発行されるのでその後すぐにATMを利用してお金を借りる事が出来ます。すぐお金を借りたい人にとってすごく便利ですが、注意しなければいけない点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで大手の消費者金融の自動契約機で申し込みをする時の注意点をいくつか挙げていく事にしましょう。

・本人確認書類を持参しなければいけない

自動契約機で申し込む時は本人確認書類の提出が必要になってきます。本人確認書類は運転免許証、健康保険証、パスポートが適用されるのでどれかの書類を持参しなければいけません。忘れてしまうと申込手続きをする事が出来ないので注意しましょう。

・申込手続きをしている時に担当者が監視カメラで見ている

自動契約機で申し込む時は1人になりますが、監視カメラが設置されていて担当者が申込手続きをしている時にしっかり見ています。申込手続きをしている時に変な態度を取ってしまったりすると審査で不利になる可能性もあるので注意が必要です。また不衛生な服装をしていくと担当者から印象が悪くなってしまうので清潔感のある服装をしていくようにしましょう。

アルバイトでもキャッシングが可能な金融会社はあります

キャッシングを行なうために必要な条件として、安定した収入があることが挙げられます。金融会社からお金を借りるには、貸金業法に基づき貸付を行なう消費者金融と信販会社と契約するだけでなく、銀行法に基づき貸付を行なう銀行カードローンを選ぶことも可能です。

 貸金業法が改正されて以降、消費者金融と信販会社からキャッシングする際には、年収の1/3以内の貸付迄と法律により決められているので、収入を証明する必要があります。過去3ヶ月分の給与明細に記載されている金額が、バラツキが少なく返済可能な範囲の貸付が出来ると判断されれば借入は可能です。消費者金融や信販会社の中には、アルバイトやパートでも申込可能と謳っている所があるので、ホームページを確認してから申込を行なうと良いでしょう。

 銀行カードローンについては、貸金業法に基づく貸付ではないので、総量規制の対象外です。審査は厳しくなりますが、アルバイトであっても申込可能とされている所は、申込を断られることはなく、仮審査という形で簡易判定が行える銀行カードローンを選べば、実際に申込を行って断られるリスクを減らすことが出来ます。キャッシングの申込を行った事実は、6ヶ月間個人信用情報機関に登録されるので、審査で否決されてしまった数が2件に到達してしまった場合には、6ヶ月以上空けてから別の金融会社に申込すると良いでしょう。

三井住友銀行カードローンの概要と特徴

日本のメガバンクのうちの一行である三井住友銀行のカードローンは、申し込みから審査回答まで最短で30分という驚異的な早さを誇っていますし、申込から融資まで三井住友銀行の店頭窓口へ出向かなくても可能という大手銀行ならではの便利なサービス内容となっています。

三井住友銀行カードローンの金利等の商品概要について、具体的に解説をしていきます。

・金利と融資限度額

金利は年4.0%?14.5%と銀行カードローンの中でも屈指の低さとなっていますし、融資限度額は最大で800万円と、こちらも屈指の高限度額となっています。

・申込方法について

パソコンやスマートフォンを利用したウェブ申込みやインターネットバンキング申し込みといった便利な申込のほか、店頭窓口やローン契約機を利用しての申込、さらには電話申し込みや郵送での申し込みに対応しています。

ローン契約機から申込を行えば、その場でカード発行をしてもらえますし、インターネットバンクイックを利用すれば来店不要。書類提出不要での契約も可能です。

・ATMの手数料が無料

三井住友銀行のATMはもちろん、ローソンATMやセブン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATMなどが手数料無料で利用可能です。またATM利用手数料の他にも時間外手数料も無料となっているので、お金が必要になった時にはすみやかに借り入れができます。

カードローンのカードを発行してもらうこと

今ではかなり簡単にカードローンのカードを発行してもらうことができるようになっていますから、まずはもっておきましょう。持っている価値は確実にあるといえるでしょう。何しろ、いつでも使える資金源として活用できるわけですから、それは安心してよいです。もちろん、それはあくまで借金ではあるのですが、それでも十分に上手く活用できるようになります。

持っていることに特にデメリットがないのです。それがカードローンのカードのよいところであるといえます。その点においては間違いなくいえることになりますから、とりあえず発行してもらうとよいでしょう。お金を借りる事に関しての抵抗感を失くすようなことはあってはいけないのですが、持つことと使うことはまた別儀になりますから、そこまで心配することではないでしょう。

とにかく、持っていれば何かと役に立つことがあるわけですから、しっかりと発行してもらうとよいでしょう。そして、常に持っておくことです。

取り扱われる場所の増える即日融資

即日融資のキャッシングのサービスは、取り扱われる金融機関の数が多くなりつつあります。消費者金融をメインとして、多くの金融機関が即日での融資を導入していると推測されており、多くの人々から活用されているのではないかと思います。

利便性が高く、実際の利用申請から審査までのプロセスが短い傾向にあることから、メリットの大きなキャッシングとして受け入れられています。そのような特徴が奏効し、即日融資の展開される金融機関が断続的に増えてきているのではないかと思います。

即日融資を取り入れる多くの金融機関では、インターネットでの利用申請を受け付けるなどの取り組みを行い、融資までの時間短縮に努めているとされています。こうした取り組みは、即日融資を展開する金融機関の数が多くなることと同時に見受けられていることから、大変良い傾向のひとつとして認識されています。

今後も即日での融資を行う金融機関が、より一層多くなることが予想されています。そのため、即日融資のキャッシングのサービスが、これまで以上に質の高いものになる可能性も出てくるのではないかと思います。即日融資を利用する人にとっては、メリットが大きくなる動きになるのではないでしょうか。

本人確認の手続きをなくすのであれば、クレカのキャッシング

キャッシングと言えば、銀行系カードローンや消費者金融系カードローンにおいて高額な融資枠を得ることが可能となります。

しかし、必要以上の融資枠を契約することは貸金業法に定められる総量規制対象に該当することや無駄遣いに直結するなどといった問題を引き起こします。

そこで、無駄な融資を受けず、総量規制対象でも影響を低くする方法として、クレジットカードのキャッシング枠契約が便利となります。

実はこの方法ですが、既に本人確認が済んでいることから個人信用情報機関への与信情報確認のみで住む場合があり、勤務先への在籍確認が行われない可能性が非常に高くなっています。また、本人確認に必要な書類も既に提出済みであり、キャッシングのためだけに書類を再生提出する必要も無くなります。

更に、クレジットカードのキャッシングの場合、本人確認が不要であるだけでなく、銀行口座から直接引落しが行われるため、毎月の返済忘れも回避することが出来ます。

また、クレジットカードの場合、提携する金融機関およびコンビニATMが非常に多く、日本全国津々浦々で現金の借り入れが可能となります。

本人確認が不要な上、利便性も高いといったことから少額のキャッシングであれば、銀行系カードローンや消費者金融系カードローンよりもクレジットカードのキャッシングが非常にお手軽となります。

初めてのキャッシングは銀行ローンから

今迄キャッシングをした事がない初心者もいつキャッシングが必要となるかわかりません。キャッシングをした理由の第1位は生活費ですので、その後も長い付き合いになる可能性があります。という事で、初心者の上手いキャッシングの手順をお教えします。

まず、初めてのキャッシングをする場合は銀行カードローン→クレジットカードのローン→大手消費者金融業者→中小消費者金融業者の順に借りて行く事を覚えてください。なぜかというと、銀行カードローンのサービスを行っている銀行は総量規制の対象外だからです。金利が安いという事もありますが、借入増額を行いたい時に、消費者金融から先に借りていると、銀行カードローンは審査に通らず、結果資金繰りに窮する事になります。クレジットカードのキャッシング→消費者金融と行くのは、キャッシング業界にも格がある為、その後の審査に及ぼす影響を減らす為です。いきなり中小消費者金融に行ってしまうと、審査でそれだけで資金繰りに窮していると思われますから。

キャッシングには適切な順番が存在すると理解頂けましたでしょうか。いきなり雑誌の裏に乗っている様な怪しげな金融屋に行くのは以ての外です。初めてのキャッシングで後々手詰まりにならない様に、この順番を覚えておいて下さいね。