大手の消費者金融の自動契約機で申し込みをする時の注意点

大手の消費者金融は全国各地に自動契約機が設置されています。申込手続きを自動契約機で行うと契約完了後にその場でキャッシングカードが発行されるのでその後すぐにATMを利用してお金を借りる事が出来ます。すぐお金を借りたい人にとってすごく便利ですが、注意しなければいけない点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで大手の消費者金融の自動契約機で申し込みをする時の注意点をいくつか挙げていく事にしましょう。

・本人確認書類を持参しなければいけない

自動契約機で申し込む時は本人確認書類の提出が必要になってきます。本人確認書類は運転免許証、健康保険証、パスポートが適用されるのでどれかの書類を持参しなければいけません。忘れてしまうと申込手続きをする事が出来ないので注意しましょう。

・申込手続きをしている時に担当者が監視カメラで見ている

自動契約機で申し込む時は1人になりますが、監視カメラが設置されていて担当者が申込手続きをしている時にしっかり見ています。申込手続きをしている時に変な態度を取ってしまったりすると審査で不利になる可能性もあるので注意が必要です。また不衛生な服装をしていくと担当者から印象が悪くなってしまうので清潔感のある服装をしていくようにしましょう。

アルバイトでもキャッシングが可能な金融会社はあります

キャッシングを行なうために必要な条件として、安定した収入があることが挙げられます。金融会社からお金を借りるには、貸金業法に基づき貸付を行なう消費者金融と信販会社と契約するだけでなく、銀行法に基づき貸付を行なう銀行カードローンを選ぶことも可能です。

 貸金業法が改正されて以降、消費者金融と信販会社からキャッシングする際には、年収の1/3以内の貸付迄と法律により決められているので、収入を証明する必要があります。過去3ヶ月分の給与明細に記載されている金額が、バラツキが少なく返済可能な範囲の貸付が出来ると判断されれば借入は可能です。消費者金融や信販会社の中には、アルバイトやパートでも申込可能と謳っている所があるので、ホームページを確認してから申込を行なうと良いでしょう。

 銀行カードローンについては、貸金業法に基づく貸付ではないので、総量規制の対象外です。審査は厳しくなりますが、アルバイトであっても申込可能とされている所は、申込を断られることはなく、仮審査という形で簡易判定が行える銀行カードローンを選べば、実際に申込を行って断られるリスクを減らすことが出来ます。キャッシングの申込を行った事実は、6ヶ月間個人信用情報機関に登録されるので、審査で否決されてしまった数が2件に到達してしまった場合には、6ヶ月以上空けてから別の金融会社に申込すると良いでしょう。

三井住友銀行カードローンの概要と特徴

日本のメガバンクのうちの一行である三井住友銀行のカードローンは、申し込みから審査回答まで最短で30分という驚異的な早さを誇っていますし、申込から融資まで三井住友銀行の店頭窓口へ出向かなくても可能という大手銀行ならではの便利なサービス内容となっています。

三井住友銀行カードローンの金利等の商品概要について、具体的に解説をしていきます。

・金利と融資限度額

金利は年4.0%?14.5%と銀行カードローンの中でも屈指の低さとなっていますし、融資限度額は最大で800万円と、こちらも屈指の高限度額となっています。

・申込方法について

パソコンやスマートフォンを利用したウェブ申込みやインターネットバンキング申し込みといった便利な申込のほか、店頭窓口やローン契約機を利用しての申込、さらには電話申し込みや郵送での申し込みに対応しています。

ローン契約機から申込を行えば、その場でカード発行をしてもらえますし、インターネットバンクイックを利用すれば来店不要。書類提出不要での契約も可能です。

・ATMの手数料が無料

三井住友銀行のATMはもちろん、ローソンATMやセブン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATMなどが手数料無料で利用可能です。またATM利用手数料の他にも時間外手数料も無料となっているので、お金が必要になった時にはすみやかに借り入れができます。

カードローンのカードを発行してもらうこと

今ではかなり簡単にカードローンのカードを発行してもらうことができるようになっていますから、まずはもっておきましょう。持っている価値は確実にあるといえるでしょう。何しろ、いつでも使える資金源として活用できるわけですから、それは安心してよいです。もちろん、それはあくまで借金ではあるのですが、それでも十分に上手く活用できるようになります。

持っていることに特にデメリットがないのです。それがカードローンのカードのよいところであるといえます。その点においては間違いなくいえることになりますから、とりあえず発行してもらうとよいでしょう。お金を借りる事に関しての抵抗感を失くすようなことはあってはいけないのですが、持つことと使うことはまた別儀になりますから、そこまで心配することではないでしょう。

とにかく、持っていれば何かと役に立つことがあるわけですから、しっかりと発行してもらうとよいでしょう。そして、常に持っておくことです。

取り扱われる場所の増える即日融資

即日融資のキャッシングのサービスは、取り扱われる金融機関の数が多くなりつつあります。消費者金融をメインとして、多くの金融機関が即日での融資を導入していると推測されており、多くの人々から活用されているのではないかと思います。

利便性が高く、実際の利用申請から審査までのプロセスが短い傾向にあることから、メリットの大きなキャッシングとして受け入れられています。そのような特徴が奏効し、即日融資の展開される金融機関が断続的に増えてきているのではないかと思います。

即日融資を取り入れる多くの金融機関では、インターネットでの利用申請を受け付けるなどの取り組みを行い、融資までの時間短縮に努めているとされています。こうした取り組みは、即日融資を展開する金融機関の数が多くなることと同時に見受けられていることから、大変良い傾向のひとつとして認識されています。

今後も即日での融資を行う金融機関が、より一層多くなることが予想されています。そのため、即日融資のキャッシングのサービスが、これまで以上に質の高いものになる可能性も出てくるのではないかと思います。即日融資を利用する人にとっては、メリットが大きくなる動きになるのではないでしょうか。

本人確認の手続きをなくすのであれば、クレカのキャッシング

キャッシングと言えば、銀行系カードローンや消費者金融系カードローンにおいて高額な融資枠を得ることが可能となります。

しかし、必要以上の融資枠を契約することは貸金業法に定められる総量規制対象に該当することや無駄遣いに直結するなどといった問題を引き起こします。

そこで、無駄な融資を受けず、総量規制対象でも影響を低くする方法として、クレジットカードのキャッシング枠契約が便利となります。

実はこの方法ですが、既に本人確認が済んでいることから個人信用情報機関への与信情報確認のみで住む場合があり、勤務先への在籍確認が行われない可能性が非常に高くなっています。また、本人確認に必要な書類も既に提出済みであり、キャッシングのためだけに書類を再生提出する必要も無くなります。

更に、クレジットカードのキャッシングの場合、本人確認が不要であるだけでなく、銀行口座から直接引落しが行われるため、毎月の返済忘れも回避することが出来ます。

また、クレジットカードの場合、提携する金融機関およびコンビニATMが非常に多く、日本全国津々浦々で現金の借り入れが可能となります。

本人確認が不要な上、利便性も高いといったことから少額のキャッシングであれば、銀行系カードローンや消費者金融系カードローンよりもクレジットカードのキャッシングが非常にお手軽となります。

初めてのキャッシングは銀行ローンから

今迄キャッシングをした事がない初心者もいつキャッシングが必要となるかわかりません。キャッシングをした理由の第1位は生活費ですので、その後も長い付き合いになる可能性があります。という事で、初心者の上手いキャッシングの手順をお教えします。

まず、初めてのキャッシングをする場合は銀行カードローン→クレジットカードのローン→大手消費者金融業者→中小消費者金融業者の順に借りて行く事を覚えてください。なぜかというと、銀行カードローンのサービスを行っている銀行は総量規制の対象外だからです。金利が安いという事もありますが、借入増額を行いたい時に、消費者金融から先に借りていると、銀行カードローンは審査に通らず、結果資金繰りに窮する事になります。クレジットカードのキャッシング→消費者金融と行くのは、キャッシング業界にも格がある為、その後の審査に及ぼす影響を減らす為です。いきなり中小消費者金融に行ってしまうと、審査でそれだけで資金繰りに窮していると思われますから。

キャッシングには適切な順番が存在すると理解頂けましたでしょうか。いきなり雑誌の裏に乗っている様な怪しげな金融屋に行くのは以ての外です。初めてのキャッシングで後々手詰まりにならない様に、この順番を覚えておいて下さいね。

キャッシングは繰上げ返済すれば怖く無い

皆さんはキャッシングについてどの様なイメージをお持ちですか?

何となく怖い、破産するといった絶対手を出してはいけないイメージから、金利が高過ぎるので使うなら株や定期預金、保険の解約等をした方がいいといった金利が高いイメージをお持ちじゃ無いでしょうか?

私も初めてキャッシングをする時までその様なイメージを持っていました。実はキャッシングというのは上手く使えば何ら怖いものでは無いのです。

私の体験記を話しますと、私の場合カードの支払い日の前日に銀行口座のお金が足りない事に気付いた事が最初のキャッシングの動機です。皆さんも旅行やスーツ購入等のショッピングでカードを使い過ぎた経験あると思います。50万円台の請求が来てたのですが、銀行口座に10万円も残っていなく、しかし証券口座には資産価値のある株がある状態でした。投資家はご存知と思いますが、株は換金に四営業日かかる為、銀行口座への出金が行われるのは最短で五営業日かかります。すぐ売ってもどの道間に合いません。

そこで私はクレジットカードについているカードローンのキャッシングを利用する事にしました。

50万円をキャッシング(6ヶ月払いで金利18パーセント)で翌日振込みで申し込み、全てネットの申し込みだけで完結し、非常に使い勝手がよかったです。

次の日にはキチンと振込まれ、カードの決済も済みました。その後金利負担がもったい無いので、株を売って資金化して繰上げ返済しようくと考えた所、次の月にボーナスが出る事からこのまま1ヶ月だけ借りることにしました。

結果、この判断が大当たりして、株は数ヶ月で5倍以上に値上がりし、充分な収益を上げる事が出来ました。

ローンの繰上げ返済も申し込みと同様、ネットから申し込み手続きをするだけで簡単に出来ました。

実質1ヶ月だけしか借りませんでしたので、かかった金利は7,397円と大した金額にはなりませんでした。

キャッシングはちょっとした支払い不足や繋ぎ資金としては非常に便利で使い勝手がいいものです。皆さんも、少しの期間にお金が足りない時は株を売ったり定期保険や保険の解約よりも手軽なキャッシングを検討してみてはいかがでしょう。

無利息期間の終わったカードローンは金利が高くなる

カードローンをする際、利息を見て借りる先を選ぶというのはとても重要です。利息というのは借金をするうえで絶対に発生するもので、その利息によって会社側は利益を出すわけでしているのですから、利息が無いという金融会社はまず存在しないのです。これはいつの時代も絶対のルールというものだったのですが、昨今ではそれがちょっとばかり変わってきています。

最近では、最初の1ヶ月間だけとかある程度期限を決めて無利息にするという金融会社が増えています。それというのも、近年では貸金業者が増えてきたことによって顧客の奪い合いになっていて、その中で苦肉の策として客を集めるために無利息を打ち出すところもいくつか出てきているのです。定められた期間内に返済出来れば利息はかからないということもあり、なかなか人気のシステムとなっています。

しかし、無利息期間があるのはメリットだけではありません。無利息期間が終われば、今度はその分の利息が一気に襲ってきます。無利息期間を設けている金融会社は、基本的にその後の利息は法定上限まで高めていることが多く、調子にのって大量に借りてしまうと利息が一気に増えてくるというデメリットもあります。もちろん、無料期間内に返せれば関係無いのですが、その辺りはしっかりと気を付けておきたいものです。

無料期間を設定しているのは、初回利用のみの場合がほとんどでカードローンのヘビーユーザーが利用出来ないのは残念なところです。初めて借りなければならなくなったという場合には、是非利用したいシステムです。

専業主婦やアルバイトの人が利用しやすい楽天ローン

収入がない人やあまり多くない人は消費者金融でキャッシングをするよりも銀行カードローンを利用したほうがいいと言えます。なぜなら銀行カードローンの場合は総量規制の問題がないので、融資を受けやすいからです。

そして現在インターネットがかなり世の中に浸透してきた関係で銀行の営業も店舗を持たないでネット上だけで営業する銀行がいくつか出てきました。その中の一つである楽天銀行が提供するカードローンサービスの楽天ローンは専業主婦やアルバイトの人が利用しやすいと言えます。なぜならネット上で融資の手続きを行うので自分のまわりの人に内緒でお金の借入をすることができるからです。また借入をする時に設定する限度額も300万円以内であれば原則収入証明書の提出が不要となっていて、融資を受けたお金もいろいろなことに使用することができます。さらに手数料も無料で24時間いつでも利用することができるのでとても便利です。

専業主婦やアルバイトの人がこれからお金の借入をしたいのであれば是非楽天ローンを利用してみるといいでしょう。