キャッシングの審査について

お金の貸し借りは互いの信用が重要だと考えられています。仮に返済がいつまで経っても完了しなければ、お金を貸した側が損失を被るだけだからです。

貸した額に利子が上乗せされるからこそ、お金を貸す側にメリットが生まれます。つまり事前にお金を借りる側は信用の置ける存在である事を、お金を貸す側に示さなければなりません。それを定型化する事で手順を簡略化したのがキャッシングの審査になります。お金を貸す事で利益を得ている業者にとって、相手の信頼性を確かめる作業は速やかに完了させなければなりません。

理由は信頼性の確認のためには在籍しているスタッフを動員する必要があり、人件費が発生してしまうからです。人件費は日数が経過するほど肥大化するため、スムーズに進ませられれば経費削減になります。それは業者の提供するサービスの品質を向上させる効果があるため、顧客にも利点が存在すると言えるのです。

そしてキャッシングの審査で最初に確認されるのは債務経験の有無だと言われています。債務経験が有った場合には返金が滞りなく完了させたか否かで、キャッシングに対する顧客の姿勢が判明するからです。キャッシングサービスを適切に利用していれば、信頼の置ける相手として認識される事は間違いありません。

キャッシングの審査に通るのに一番大切なこと

キャッシングのプロミス店舗

キャッシングの審査は、同じような属性でも、通る人、通らない人がいます。審査に通りやすい人とはどのような人なのか、ということを知っておく必要があります。

まず、審査の仕組みですが、キャッシングの申し込みがあると、まずはその属性情報から、その人のスコアが計算されます。属性の有利・不利についてまとめてみると、勤務先は公務員が最も有利、その後大企業、中小企業と続いて、自営業、パート・アルバイト、無職となります。雇用形態はもちろん正社員が最も有利です。勤続年数は長い方が、年収は多い方がスコアはもちろん高くなります。

住居は本人の持ち家が一番高く、家族の持ち家、社宅、賃貸と続きます。家族構成は、借金を返済しないと迷惑がかかる人の存在が多いほど、きちんと返済すると考えられていることから、独身で家族と同居している人が、最もハイスコアで、独身1人暮らしのスコアが最も低いです。以上のような情報をもとにスコアリングされた点数によって、その人が審査に通るか通らないのか、いくらまでなら貸すのかということが決定されます。

しかし、こういった属性は、勤務先や家族構成など今自分がどうにかして変えられないものも多くあります。実は、属性情報はキャッシングの審査に通るのに必要な最低限の情報ではありますが、一番大切なことは別に存在します。それは、過去の金融機関からの借り入れ実績です。借り入れの実績そのものはないよりも多少あったほうがよいとされています。しかし、それは延滞などのトラブルを起こしていないことが大前提です。
キャッシング会社にとって、最も大切なことは、その人がきちんと返済するかということです。1度でも延滞を起こしていたり、同時に数社から借り入れを行っている状況が確認できた場合は、審査には通りません。キャッシングをする時は、自分の信用情報に傷をつけないように、返済忘れには十分注意してきちんと返済することがとても大切です。

主婦がキャッシングするには

主婦はかつてはけっこうキャッシングできたものですが、現在では厳しくなってきております。これは2010年に総量規制が導入され、収入の三分の一までしか消費者金融は貸してはいけないということになったからです。これを主婦についてみてみますと、専業主婦は収入がないでしょうから、この時点でなかなか借りられないということになります。

しかし、主婦と言っても、お金が必要になることはあるでしょう。もちろん、慢性的に借りるということになれば、破産の恐れもあるのですが、急場しのぎにキャッシングを使うというのは決して悪いことではありません。

とはいえ、総量規制ゆえ、借りる道は限られてくることになります。まず、総量規制は、消費者金融に対する規制であることから、銀行に対しては対象外ということになります。従って、銀行から借りるということは、ありうるわけです。ただ、この場合は、夫に収入があるということが絶対条件ということになってきます。また、消費者金融から借りる道もないではありません。配偶者貸付と言いまして、夫婦の収入の合算したものの三分の一まで借りられるというように、ちょっとだけ総量規制が緩くなっております。

このように、銀行から借りるにしても、消費者金融から配偶者貸付という形で借りるにしても、夫に収入があることが条件になってきますので、夫にも収入がないと、キャッシングは使えません。厳しいようにも思われますが、これは仕方ないでしょう。

女性がキャッシングを利用しやすい時代

キャッシングを利用するのは男性だけではありません。最近は女性の比率も上がってきていると思います。それは従来はあまり利用する割合が高くなかった女性を積極的に顧客として取り込んでいる会社の努力があるからです。

キャッシングは、男性だけのものではなくて、女性にも利用してもらいたいというのがあると思いますけど、女性が利用しやすいようにいろいろなサービスを充実させていますから、本当にお金が必要になったときにはキャッシングを利用するというのも全然ありなのかな?と思えてきますね。

女性のキャッシング利用にあたっては、審査がやや柔軟というか、あまり厳しくしていない、女性特有の事情をある程度審査項目にも反映させている面があると思います。特に収入面です。

収入があまり多くなく、または不安定な人は従来なら借りられない可能性も十分あるわけですが、そういう人を落としていると、女性をお客さんとして迎え入れることが困難になってしまうために、ある程度条件を緩和して、女性の働き方の事情に合わせてくれている面があります。だから、こんな私でも?という人でも案外借りられたりするのです。