主婦がキャッシングするには

主婦はかつてはけっこうキャッシングできたものですが、現在では厳しくなってきております。これは2010年に総量規制が導入され、収入の三分の一までしか消費者金融は貸してはいけないということになったからです。これを主婦についてみてみますと、専業主婦は収入がないでしょうから、この時点でなかなか借りられないということになります。

しかし、主婦と言っても、お金が必要になることはあるでしょう。もちろん、慢性的に借りるということになれば、破産の恐れもあるのですが、急場しのぎにキャッシングを使うというのは決して悪いことではありません。

とはいえ、総量規制ゆえ、借りる道は限られてくることになります。まず、総量規制は、消費者金融に対する規制であることから、銀行に対しては対象外ということになります。従って、銀行から借りるということは、ありうるわけです。ただ、この場合は、夫に収入があるということが絶対条件ということになってきます。また、消費者金融から借りる道もないではありません。配偶者貸付と言いまして、夫婦の収入の合算したものの三分の一まで借りられるというように、ちょっとだけ総量規制が緩くなっております。

このように、銀行から借りるにしても、消費者金融から配偶者貸付という形で借りるにしても、夫に収入があることが条件になってきますので、夫にも収入がないと、キャッシングは使えません。厳しいようにも思われますが、これは仕方ないでしょう。

女性がキャッシングを利用しやすい時代

キャッシングを利用するのは男性だけではありません。最近は女性の比率も上がってきていると思います。それは従来はあまり利用する割合が高くなかった女性を積極的に顧客として取り込んでいる会社の努力があるからです。

キャッシングは、男性だけのものではなくて、女性にも利用してもらいたいというのがあると思いますけど、女性が利用しやすいようにいろいろなサービスを充実させていますから、本当にお金が必要になったときにはキャッシングを利用するというのも全然ありなのかな?と思えてきますね。

女性のキャッシング利用にあたっては、審査がやや柔軟というか、あまり厳しくしていない、女性特有の事情をある程度審査項目にも反映させている面があると思います。特に収入面です。

収入があまり多くなく、または不安定な人は従来なら借りられない可能性も十分あるわけですが、そういう人を落としていると、女性をお客さんとして迎え入れることが困難になってしまうために、ある程度条件を緩和して、女性の働き方の事情に合わせてくれている面があります。だから、こんな私でも?という人でも案外借りられたりするのです。