銀行カードローンが銀行にとって手放せない理由

銀行カードローンが過剰な融資を行っているのではないか、ということが社会問題になっています。十数年ぶりに自己破産申請者数が増加していることと銀行カードローンの融資残高が短期間で大きく増加していることが関連していると考えられるからです。金融庁もこの問題を放って置けなくなったのか銀行の立入検査を実施する事態になっています。

銀行カードローンは銀行にとっては2つの意味で手放すことができない金融商品になっています。

一つは銀行カードローンは銀行の金融商品に中でも、金利が高いことから大きな収益を上げられる商品であるからです。簡単に言うと、銀行のとって銀行カードローンは儲かる金融商品になっているので、簡単には縮小したり手放したりすることができなくなっているのです。

もう一つは銀行カードローンは銀行のとっては損失がでない金融商品になっているからです。銀行カードローンの審査に通るには、保証会社の保証を受ける必要があります。これは、銀行カードローンが不良債権になった場合には銀行は保証会社からの保証を受けることが出来ることを意味しています。

銀行にとって銀行カードローンとは損失を考えることなく、儲かる素晴らしい金融商品と言える存在なのです。