専業主婦が利用できるカードローンもあります

消費者金融のカードローンの申し込み条件は、20歳以上で安定した収入があること、となっています。安定した収入、と言われると、正社員でなければ申込みできないように考えがちですが、契約社員や派遣社員でも大丈夫です。パートやアルバイトでも、申込者本人に定期的な収入があれば申し込み可能です。つまり、主婦であっても、パートやアルバイトなどをしていれば、カードローンを利用できます。

では、専業主婦の場合はどうなるのでしょうか。消費者金融のカードローンには「総量規制」というルールが適用され、年収の3分の1以上は借りることができないと決まっています。
年収がゼロである専業主婦の場合は、配偶者である夫の年収がどれだけ高くても申込みできません。

専業主婦だけれども、どうしても消費者金融のカードローンを利用したいという場合は、「配偶者貸付」という制度を利用し、配偶者の同意書や婚姻関係の証明書を提出して申し込むことになりますが、残念ながら、この制度が利用できる消費者金融はあまりないのが実情です。

ところが、銀行のカードローンなら専業主婦でも申し込みが可能です。消費者金融とクレジットカード会社には総量規制が適用されますが、銀行は対象外となるからです。
銀行のカードローンの方が金利が低いというメリットもあります。審査には少し時間がかかるので、専業主婦でカードローンの利用を考えている人は、早めに問い合わせましょう。