任意整理の情報はJICCにしか記録されないケースがあるものの、カードローンは契約更新出来ない?

借金の返済に困った場合、個人信用情報へのダメージは少なからず生じます。また、自己破産や個人再生の場合、一定額を超える財産は処分または、財産が残せないというリスクがあります。そのため、整理したい借金を任意で選択できる任意整理があるものの、銀行や消費者金融を除外しても、カードローンの契約更新は出来なくなります。

そもそも、任意整理の情報は株式会社日本信用情報機構(JICC)に登録されます。つまり、銀行や大手消費者金融の場合、登録情報を確認できるため、結果として審査に影響が生じます。特に消費者金融の場合は、貸金業法により3カ月に1度、個人信用情報を照会し契約者の途上与信を確認する義務があります。そのため、カードローンを任意整理先から除外しても意味をなさなくなります。また、場合に因っては取引規約において、一括請求の対象となり得る可能性があるため、任意整理を行う際は繰り返し借り入れが可能なローン契約も含めて手続きをする方がメリットが高いと言えます。その他、注意するポイントとしては完済するまで情報が残ることから事故情報の登録期間も自己破産や個人再生より長くなるケースがあると認識することが重要になります。

便利だからといってカードローンの契約を残したとしても、意味がなく、強制解約とならない様に注意するのがポイントです。