キャッシングの限度額とは?

キャッシングサービスを利用する時に限度額というのを決めてもらうことになります。要するにこの金額までならば貸せますよ、ということです。これには二つの考え方があり、まず一つとしてあるのが限度額というのが法律的な規定があることです。それが総量規制であり、貸金業者というのは年収の三分の一までしか貸すことができないとなっているのです。これが一つの限度額という意味になります。もう一つは業者が決めるものであり、これは業者が総量規制を超えない範囲内で自由の決めることができるようになっています。

当然ではありますがそもそも貸すかどうかの判断も業者に委ねられいることになります。キャッシングというのは無担保ですし、保証人もいないわけですから貸す側としてもリスクが高目になります。その分が金利に反映されていることは確かではありますが、とにかく貸すかどうかは業者が借りたいという人の信用情報などを見て決めることになります。その時にこの人ならばこの金額までは大丈夫、という設定がされるわけです。これは最初は低く、実績を積み上げていくと高くなっていく、という傾向があります。借りてキチンと返していますとそうしたことがありますから覚えておきましょう。