カードローンの自動融資機能とは?

銀行カードローンの中には自動融資機能が付いているものがあります。この機能を利用するには返済方法をその銀行の口座からの自動振替にする必要がありますが、とても便利な機能なので、付いている場合は便利に活用してください。

この機能とは、カードローンの返済に登録した口座から別の引き落としがあった際に残高不足で振替が行えなかった場合、不足分が自動的にカードローンの借り入れとして処理される機能です。

例えば口座の残高が1万円しかない状態で、クレジットカードの支払いとして1万5千円の引き落としがあったとします。この場合、5千円不足していますが、その分が自動的にカードローンでの借り入れとなり、振替はそのまま行われます。この機能を利用すれば、何かの引き落としが残高不足で行えなかったということがなくなるのです。

ただし、この自動融資機能が働かない引き落としもあります。それは、カードローン自体の返済の振替、及び、その口座から自分で振込や引き出しをした際に残高不足だった場合です。

また、この機能があることで、引き落とし分の残高があったと思ってしまい、カードローンの借り入れになったことに気付かないことがあるので注意してください。自動融資が行われた時にはもちろん利用明細に記載されるので、この機能があるカードローンを利用している時は明細には必ず目を通しておきましょう。