限度額まで使えるキャッシングのメリットとは

キャッシングは、個人向けの融資として広く浸透しており、その利用者は非常に多いです。キャッシングを使うメリットは、利用者の利用用途が制限される事がほとんど無いという事です。キャッシングを提供している消費者金融会社は貸金業法の下で営業を行っており、その貸金業法には総量規制という仕組みが導入されていて、消費者金融会社は年収の3分の1までの総限度額までしか設定出来ないようになっています。

その総量規制の枠組みの中で、利用者は工夫をして借り入れをしていく必要があります。複数のキャッシングを借りているのであれば、限度額いっぱいまで借りますと、返済するまで借り入れが出来ないといった状況になります。そういった部分がキャッシングの弱点ですが、使用用途の制限の少なさは他のローンよりも魅力的ですので、様々な用途で使いたい時に有効です。