消費者金融のキャッシングでお金を借りるときには総量規制に注意を

消費者金融のキャッシングはお金を借りる難易度が低く、誰でも手軽に利用できるサービスとして知られていますが、かつては消費者金融のキャッシングでお金を借りたことが原因で自己破産に追い込まれてしまう人が急増し、そのことは社会的な問題となりました。

そのため、消費者金融のキャッシングなどでお金を借りたことが原因で自己破産をするような人を出さないための施策として総量規制というルールが新規に設けられました。総量規制では年収の三分の一までが消費者金融などから借りることのできる金額の上限となり、その上限を超えての借り入れは一切できないようになっています。

そのため、消費者金融のキャッシングを初めて利用するというときには、自分の年収と照らし合わせて最大でどのくらいの金額まで借りられるのかを確認しておくようにしましょう。