新社会人がキャッシング契約を行うための注意点は?

消費者金融のキャッシングローンであれば、契約者本人の収入と信用により融資が受けられ、新社会人でも条件を満足していれば融資が受けられます。50万円を超えなければ基本的には収入証明は不要となり、入社から間もなく2ヶ月分の給与明細や賞与明細がそろわないても契約可能ということになります。

しかしながら、あくまでも本人の収入が安定しているかどうかであり、高額な希望額を提示したりすることは避ける必要があります。先ずは、毎月の収入で確実に返済できる範囲に留めることが重要です。必要な金額だけの借り入れであれば、これまで金融取引の実績がない新社会人であっても審査通過の可能性が高まります。

また、審査を受ける際は借り入れ目的を明確にするなども、信用を得る上では重要になります。漠然とした目的ではなく、理にかなった目的であり、具体性がある方が審査をする側の印象アップにもつながります。