該当している人は注意!プロミスの審査の可決率が悪くなる職業は?

プロミスは特定の職業に就いていると審査の可決率が悪くなる傾向があります。利用条件が満たしているのに職業の影響で審査に落ちてしまう可能性もあるので注意が必要です。そこでどのような職業だと審査の可決率が悪くなってしまうのか確認していきましょう。

プロミスは安定した収入を得ていて返済能力がある事を審査で重視するので個人事業主として働いている人に不安を感じてしまいます。作家、漫画家、作曲家、芸能人、スポーツ選手など大金を稼いでいる人もいますが、いつ無収入になるか分かりません。このような職業に就いている人は月に1回以上の収入を得ている事を証明する必要があるのでプロミスを利用する時は収入証明書などをしっかり準備しておきましょう。