キャッシングの本人確認の方法は?

ちょっとお金が足りないというときに役に立つのがキャッシングですね。消費者金融や銀行系などいろいろな借入先がありますが、借入先がどこであってもキャッシングするときに必要になるのが本人確認です。キャッシングはお金を借りたい本人が契約する必要があるので代理で誰かにお願いするということはできません。どのような方法で本人確認を行うのか、本人確認に必要な書類を提示することで確認します。

本人確認は、運転免許証を提示するのが一般的ですが、運転免許証を持っていない方はパスポート、住民票、健康保険証で確認が可能です。本人確認書類に記載されている住所と現在住んでいる住所が同一でない場合にはまた別途新たな書類が必要になるので注意が必要です。

別途必要になる書類は、納税証明書や社会保険料・公共料金の領収書などです。発行されてから6か月以内のものと指定されることがほとんどです。本人確認書類が揃っていないとキャッシングの申し込みをしてもまず審査を通してもらうことができません。申し込みをする前に、本人確認書類の住所が現住所と違う場合には住所変更手続きをしておくのがスムーズです。

本人確認は店頭窓口、自動契約機、郵送、WEBのどの申し込み方法でも必ず必要になるものです。最近利用者が多いWEB申し込みの場合は、スマホや携帯で写真を撮りデータ化して送信します。
急いでキャッシングしたい場合には、店頭窓口か自動契約機がおすすめです。必要書類が揃っていれば即審査、その後その場で融資されます。