不動産担保ローンの平均的な借入限度額

銀行などが運営している不動産担保ローンについて、平均的な借入限度額というのは気になるところです。

いくらか不動産関連で担保があったりしますが、おおよそ不動産担保となると平均的な限度額としては1~2億円くらいです。

事業者の規模によって借入できる不動産の担保限度額というのは異なってきますが、中小企業や個人事業者向けだと

おおよそ数千万円から1億円くらい。 もうちょっと規模が大きいところだと数億単位、大きくて10億あたりとばらつきがある感じです

ですので、事業の大きさや必要資金、担保となる不動産の価値に見合ったものを提供して自分が使いやすいような担保ローンを利用することが一番望ましいのではないかと思います。