キャッシングの限度額は自分で決められない?

金融機関からのキャッシングは短時間で手軽に行えるものもありますが、基本的には少額の借り入れを想定して仕組みが作られています。

消費者金融や銀行カードローンなど各金融機関にはそれぞれ最高限度額が設定されており、利用者は理論上、最高限度額までの借り入れを行なうことが可能となっていますが、誰もが最高限度額までキャッシングすることができるわけではありません。

あくまでも信用情報に基づいて金融機関側が利用者ごとに個別に限度額を設定することになるので、よほど信用情報がしっかりしている人でない限り最高限度額まで借り入れを行なうことは難しいといえます。

特にキャッシングを利用して間もない時期は借り入れや返済状況など利用者がどの程度キャッシングを利用し、期日までに返済してくれるかが分からないため、たとえ最高限度額が高い金融機関でも個別の限度額は少額に設定されることになるのです。