アルバイトでもキャッシング可能です

カードローンの契約には期限があります。この期限は銀行では1~3年、消費者金融では5年のことが多く、期限が切れると契約更新を行う必要がありますが、通常では何も気にすることなく勝手にこの契約更新が行われます。よって、契約期限については特に気にする必要はありません。

利用中はもちろん、既に完済を行った後でも解約をしていない限り、著しく利用状況が悪くなった場合などを除いて、原則的に契約は自動更新されます。この完済を行った後でも更新されるという点には多少注意が必要になります。

それは、カードローンの限度額はそのまま与信額となるからです。与信額とは、既にそこまで借り入れを行っているという信用情報上での記録のことで、例えば50万円の限度額でカードローンを契約していると、実際に借りている金額に関わらず50万円を借りているという扱いになるということです。契約が続いていることで、借りようと思えばいつでもそこまで借りることができる為です。

与信額は消費者金融の場合、総量規制の対象にもなります。つまり、使っていないカードローンの契約をしたままにしておくと、その後のあらゆるローン契約にとってあまりいい影響がないのです。そのままにしておくと勝手に自動更新されていく為、使わなくなったカードローンは解約をした方がいいかも知れません。

ただ、一度解約をしてしまうと、再び利用する際にはまた申込みや審査から行わないといけないので、いざとなった時の為に完済後も契約したままにしておいても構いませんが、その場合は限度額が与信額として扱われているということを忘れないようにしてください。