主婦がキャッシングするには

主婦はかつてはけっこうキャッシングできたものですが、現在では厳しくなってきております。これは2010年に総量規制が導入され、収入の三分の一までしか消費者金融は貸してはいけないということになったからです。これを主婦についてみてみますと、専業主婦は収入がないでしょうから、この時点でなかなか借りられないということになります。

しかし、主婦と言っても、お金が必要になることはあるでしょう。もちろん、慢性的に借りるということになれば、破産の恐れもあるのですが、急場しのぎにキャッシングを使うというのは決して悪いことではありません。

とはいえ、総量規制ゆえ、借りる道は限られてくることになります。まず、総量規制は、消費者金融に対する規制であることから、銀行に対しては対象外ということになります。従って、銀行から借りるということは、ありうるわけです。ただ、この場合は、夫に収入があるということが絶対条件ということになってきます。また、消費者金融から借りる道もないではありません。配偶者貸付と言いまして、夫婦の収入の合算したものの三分の一まで借りられるというように、ちょっとだけ総量規制が緩くなっております。

このように、銀行から借りるにしても、消費者金融から配偶者貸付という形で借りるにしても、夫に収入があることが条件になってきますので、夫にも収入がないと、キャッシングは使えません。厳しいようにも思われますが、これは仕方ないでしょう。