キャッシングの利息は何で決まってるの?

キャッシングの利息を決定するのが金利です。金利はキャッシングが独自に設定しているものですが、いくらでも自由に金利を上げられるわけではありません。法律で金利の上限は決まっており、元金が10万円未満なら上限は20%、10万円以上100万円未満なら18%となっています。キャッシングが表示している金利には幅がありますが、上限の方を見てみると消費者金融などはどれも18%に近い数字になっているのがおわかりになるでしょう。これは法律の上限に合わせて金利を設定しているのです。ちなみに元金が100万円以上になると法律による金利上限は15%となります。消費者金融でも限度額が100万円を超えると金利は15%以下になるので、お得に利用することができるようになります。