キャッシングの利息計算方法に注意しよう

キャッシングの契約を行なう際には、利息計算方法について注意が必要です。なぜなら、金銭消費貸借契約においては、元金に対してのみ利息が付く単利計算となりますが、随時返済は任意に認められているので、元金計算日について規定されている内容が利用者にとって不利となることがあるからです。随時返済を行なった場合には、即座に元金返済に充当されますが、信販会社や一部の金融業者では、締め日に元金充当する利用規約となっているケースがあります。利息計算日についても締め日時点での元金を基にして計算されていることがあり、既に任意返済を行っているにも関わらず、締め日を過ぎているという理由から利息計算時には返済済みの元金が含まれてしまう問題に注意が必要です。

元金計算方法については、返済日前日時点の元金を基準にしていれば特に問題ありません。しかし、数週間前の締め日を基準日とされてしまうと、本来は返済不要な利息まで請求されてしまうことになるので、不当な扱いとなるでしょう。利息は日割り計算されますが、随時返済金の元金充当は月単位という謎の返済方法を採用している金融業者とは、他の利用規約についても問題が無いか確認が必要となります。