銀行カードローンが銀行にとって手放せない理由

銀行カードローンが過剰な融資を行っているのではないか、ということが社会問題になっています。十数年ぶりに自己破産申請者数が増加していることと銀行カードローンの融資残高が短期間で大きく増加していることが関連していると考えられるからです。金融庁もこの問題を放って置けなくなったのか銀行の立入検査を実施する事態になっています。

銀行カードローンは銀行にとっては2つの意味で手放すことができない金融商品になっています。

一つは銀行カードローンは銀行の金融商品に中でも、金利が高いことから大きな収益を上げられる商品であるからです。簡単に言うと、銀行のとって銀行カードローンは儲かる金融商品になっているので、簡単には縮小したり手放したりすることができなくなっているのです。

もう一つは銀行カードローンは銀行のとっては損失がでない金融商品になっているからです。銀行カードローンの審査に通るには、保証会社の保証を受ける必要があります。これは、銀行カードローンが不良債権になった場合には銀行は保証会社からの保証を受けることが出来ることを意味しています。

銀行にとって銀行カードローンとは損失を考えることなく、儲かる素晴らしい金融商品と言える存在なのです。

キャッシングの利息は1日単位で計算されます

キャッシングを行うと借りたお金には利息が発生しますが、この利息は1日単位で計算されており、決められている返済日以外に返済することもできます。

特に一括で返済ができる状態になった場合には、1日でも早く返済してしまうに越したことはありません。例えば30万円を年利18%で借りていると、1日当たり147円の利息が発生します。
これが1ヶ月分となると約4,430円という計算になりますが、10日で返済できる場合は約1,470円の利息の支払いだけで済むのです。

キャッシングの返済は借り入れ金額にも依りますが、10回以上になることが多いです。
これはあくまで業者側で毎月無理なく返済できるように毎月の返済額を均等にしようと考えている為で、素直にこの通りの返済を繰り返していく必要はありません。

30万円を12回の均等返済にすると、年利18%では合計で約330,044円を支払う必要があります。ですが、1ヶ月で返済できれば約304,430円の支払いだけになり、2万5千円以上も利息を節約することができます。

この一括返済を行う場合には、その旨を利用している業者まで伝えてください。
1日単位で新たな利息が発生してしまうので、確かに返済できる日を伝えて、その日までの合計支払い金額を間違いなくその日に返済してください。

奨学金とカードローンの関係とは?

学生生活調査によると、大学生で約53%、大学院生で約61%が日本学生支援機構の奨学金を利用しています。この奨学金は親の名義で借りるのではなく、学生本人の名義で借りることになります。ですから奨学金は、未成年者が利用できる数少ないローンの一つです。この奨学金は学校を卒業して秋頃から返済が始まります。ここで注意することは奨学金の返済を滞ると信用情報機関に登録され、カードローンをはじめとするあらゆるローンが利用できなくなります。また親御さんが連帯保証人になっていることが多く、責任が親御さんにまで及ぶのです。

それでは奨学金を借りている学生は、カードローンの申し込み時に影響があるのかという疑問が生じます。答えはNOで、奨学金を借りただけでは信用情報機関には登録されず、卒業後滞納して初めて登録されることになります。ですから奨学金を利用している学生でも、20歳以上の方で安定した収入があればカードローンを利用できるのです。ちなみに日本学生支援機構はKSC(全国銀行信用情報センター)に加盟していますが、3ヶ月以上の延滞情報は残り2つの信用情報機関と情報を共有します。ですから卒業後は3ヶ月以上延滞したらアウトと記憶しておいて下さい。この延滞記録は完済後最大5年記録されるので、言わばブラック状態になり、他のローンを組めなくなってしまいます。

キャッシングの利息は何で決まってるの?

キャッシングの利息を決定するのが金利です。金利はキャッシングが独自に設定しているものですが、いくらでも自由に金利を上げられるわけではありません。法律で金利の上限は決まっており、元金が10万円未満なら上限は20%、10万円以上100万円未満なら18%となっています。キャッシングが表示している金利には幅がありますが、上限の方を見てみると消費者金融などはどれも18%に近い数字になっているのがおわかりになるでしょう。これは法律の上限に合わせて金利を設定しているのです。ちなみに元金が100万円以上になると法律による金利上限は15%となります。消費者金融でも限度額が100万円を超えると金利は15%以下になるので、お得に利用することができるようになります。

カードローンは欲張らずに身の丈に合った使い方を。

私がカードローンを利用する事になったのは、主人が定職に就かず収入が安定しなくて、そんな時に子供の学校での費用にまとまったお金が必要になったからです。

生活する為のお金はなんとかあるのですが、入学する際に何かと物入りで出費がかさみ、特に教科書代や塾に払うお金は結構大きな額なので、貯金を切り崩して支払うのも限界がありました。

カードローンで良かった事は、やはりまとまったお金が手に入るので急な出費に助かりました。

手持ちの現金が無い時は本当にありがたいです。審査も割とすんなりと通ったので借り入れしやすかったです。

しかし、現金が無くてもカードで買えると思うとどこか安心して、少し高い買い物でもローンで買ってしまったりして後の支払いが大きくなってしまいました。

私が契約したカードローンは借り入れ残高によって利息が変わるので、残高が増えると利息も増えるので、結局毎月その分無駄にお金を払っているんだと思うと後悔します。

月並みですが、やはり計画的に借り入れする事が一番です。

借りたお金は利子をつけて返さないといけないという事を頭に入れて、借り過ぎないように最初に申し込む時に、限度額を低めに設定しておくのも良いかと思います。