カードローンの無利息は利用者にどのような利点があるのか

近年、多くの消費者金融会社がカードローンやキャッシングにおいて無利息の融資を実施しています。この無利息になる条件は各社で決まっており、一定金額を無利息にしたり、一定期間無利息にしたりというように、利用者が融資を受けた金額の一部に無利息が適用される仕組みです。また、このサービスを利用出来る条件は決まっており、キャッシングやカードローンを初めて使う者となっています。新規申込みを行い、審査を通過後に契約をして実際にサービスを使って借り入れをしますと無利息で利用する事が可能です。

カードローンやキャッシングの利用者にとって無利息の利点は、返済総額を減らせる事です。一定期間でも無利息になっていれば、元金に近いお金を返済するだけで済みます。

大手の消費者金融に分類されているアイフル!利用すると良いと感じる部分は?

アイフルはアコムやプロミスと共に大手の消費者金融に分類されています。アコムやプロミスの方が知名度が高いですが、最近ではアイフルを利用する人も増えてきています。ネットの口コミでも評価が高いアイフルですが、実際にどのような点が良いのか紹介していきましょう。

アイフルはWEB完結申込を採用しているので来店しないでキャッシングをする事が出来ます。住んでいる場所の周辺に店舗がない場合でも手間がかからないので良いと感じる人も多いです。

またWEB完結でキャッシングをする時は振込になるのでカードの発行が不要になります。カードを持っていると家族に見られてキャッシングをしている事がバレる可能性があるのでカードレスになるのを良い部分と感じている人も多いです。

銀行ローンを選ぶメリットは金利の低さ

少しでもお得にお金を借りたいのであれば、銀行ローンを選ぶことが有効です。多くの消費者金融が18.0%の金利を採用するなか、銀行ローンの多くは18.0%よりも低い金利を採用しています。

少額の借入ですぐに返済をするのであれば、金利の差は大きなものとはなりません。しかし、まとまった金額を借りる、もしくは借入後に長い期間をかけて返済をしていく場合などは、僅かな金利の差でも支払う利息の金額は大きく変わってくることになります。

それだけに、支払う利息を少しでも節約したいのであれば、銀行ローンを選んでおいて損はありません。銀行ローンは審査が厳しいと言われることもありますが、基準は銀行によって異なるため、事前に情報収集を行い利用しやすい銀行を探してみると良いでしょう。

AIが算出するスコアを用いて金利を決めるユニークなキャッシング

J.Score(ジェイスコア)には独特なキャッシング審査方法があります。それは、AI が算出したスコアによって、金利や極度額などが決まるところです。もし金利が高いと感じたら、生活情報を更新させ、スコアアップさせることによって、より良い条件で貸付を受けられるようになります。

自分の情報をAIに診断してもらった後は仮審査結果がメールで送られてきます。 キャッシング審査にありがちである面倒な書類の提出はなく、スマホやPCから本人確認書類や収入証明書を提出します。審査は早くて30分で終わってしまうので、素早く審査をしたい人にとっては良いキャッシング会社だと思います。

みずほ銀行とソフトバンクが作り上げた合弁子会社なので、全体的に安心して使用できると思います。

楽天銀行カードローンの独自のメリット

大手ネット銀行の楽天銀行では利便性の高いカードローンの取り扱いがあり、このカードローンは他社のキャッシングサービスなどではなかなか見られない独自のメリットが幾つもあります。楽天銀行カードローンのメリットを紹介していきます。

・専業主婦(主夫)でも契約できる

キャッシングサービスの中には申込者自身に安定した収入がない専業主婦(主夫)の申込みは断るケースが多いのですが、楽天銀行カードローンの場合は配偶者に安定した収入があれば専業主婦(主夫)でも契約可能となっています。

・楽天スーパーポイントが貰える

入会するだけで楽天スーパーポイントが貰える特典があります。また入会月の翌月末時点で利用残高が一定額以上であれば追加で楽天スーパーポイントが獲得できます。

プロミスの目的ローンのメリットと注意点

プロミスでは契約時にまとまった融資を受けて融資金の使いみちは自由という便利な目的ローンの取り扱いがあります。プロミスの目的ローンのメリットと注意点について解説していきます。

・貸付条件

2018年8月28日時点で融資限度額は最高で300万円、実質年率は6.3%16.5%という貸付条件になっています。満20歳以上で毎月安定した収入があればアルバイトやパートでも契約は可能とされています。なお実質年率の上限が同社のフリーキャッシングよりも低い点に特徴があります。

・無利息キャッシングは不可

プロミスの利用が初めての人がフリーキャッシングを契約した場合には最大で30日間の無利息キャッシングサービスを受けることができますが、目的ローンには無利息キャッシングサービスはない点に要注意です。

どこから借りればいい?カードローンのオススメ業者

ピンチの時にいつでもどこからでも申し込む事ができて、借り入れまでのスピードも早いカードローン。ですが実際に借りるとなると色々な会社があってどこから借りればいいのか迷ってしまうこともあると思います。

選ぶ基準としては、まず大手であることです。大手の企業であれば悪徳などといった事もないので安心して借りることができますし、人気なだけあって契約してから借り入れまでの流れがスムーズで利用しやすいようにできています。サービス面でも無利息期間があったりと、多くのところが似たようなサービスを提供してくれています。

では違いはどこかというと、1番大きいのは提携している銀行です。大抵メインで便利に使える銀行が1、2つあって、それを利用することで手数料などがかからないというメリットがあるのですが、もし自分がそこの口座を持っていない場合は新たに開設しなければ利便性が低くなってしまいます。

ですのでどの銀行口座がお得なのかを調べて選ぶと、便利でお得に利用することができます。

キャッシングサービスを利用した時の利息について

銀行のカードローンや消費者金融会社のキャッシングサービスを利用すると、一定期間の無利息期間などを除いて、必ず利息が付きます。

毎月の返済額に、この利息が含まれています。

利息は、各銀行や消費者金融会社によって、利率の設定に違いがあります。

利息の計算方法は、「借入金額」×「年利」×「30(日)」÷「365(日)」=毎月の利息になります。

借り入れ金額とは、キャッシングサービスの利用金額で、年利とは、利用した銀行や消費者金融会社が決めている利率です。

この計算をすることで、自分が毎月いくらの利息を支払っているのか、また、これからキャッシングサービスを利用する予定があるのなら、事前に利息計算をしてから申し込みをするのが良いでしょう。

キャッシングの審査基準は?どのくらい収入があればいいか

初めてカードローンなどのキャッシングに申し込む場合、まず気になるのは審査に受かるかどうかだと思います。自分はアルバイトだから落ちるのではないか、派遣社員だけど大丈夫かなど色々心配になりますよね。

実はプロミスなどのカードローンの合否の審査基準は『毎月安定した収入があるかどうか』だけです。ですので、アルバイトでもパートでも、派遣社員でも個人事業主でも、毎月安定した収入さえあれば審査をパスすることは可能です。

ただし、注意しなければならないのが審査に通るためには安定した収入さえあればいいのですが、利用限度額に関しては年収や家族構成などそれ以外の部分が影響して決定されます。

ですのでもし高額のキャッシングを希望する場合、家族に自分より高収入の人がいればその家族に頼んで借りてもらうことで利用限度額を引き上げることができます。

プロミスのキャッシングについて

私が初めてキャッシングに手を出したのはプロミスでした。大学生の頃、ギャンブルで負けてしまい、生活費欲しさに軽い気持ちで自動契約機で契約を試みました。当時はアルバイトで収入が月約10万程度だったかと思いますが、それでもすんなり契約ができ、その場で10万円借りることができました。それからは収入が上がるごとに上限を更新してもらい、現在約45万ほどの借り入れで、月々13000円づつの返済を行なっています。

プロミスは他の消費者金融よりも対応が親切丁寧な印象で、語弊があるかもしれませんが審査はぬるいと思います。ですが、返済にはかなり厳しく、1回でも返済が遅れると以降数ヶ月は借り入れが出来なくなります。ATM手数料などもなく、専用ATMも多いので、キャッシング初心者にはおすすめできる消費者金融であると思います。