驚くほど早く終わってしまったので時間潰しが大変でした。

ライブのチケット代を払うのに消費者金融を利用しました。
振り込み期限がかなり迫っていたので、即日融資が可能なところの口コミをネットで読んで、一番口コミが良さそうなところに決めました。

ただ、私はアルバイトですのでそれだけが心配でした。
他の口コミを書いている人は正社員しかいなくて、アルバイトでのカードローン審査の口コミはまったくありませんでした。
正社員の人は即日融資してくれても、アルバイトにはしてくれないんじゃないか、そもそもアルバイトに本当に貸してくれるのかなどとにかく不安でした。

当日は一応無人の自動契約機が使える朝一番で申し込みしました。
早い方が何かあった時の為に良いだろうと思ってそうしたのですが、あっさり借りれてビックリでした。
時間がかなりあまり、その後の時間を潰すのが大変なくらいあっという間でした。
カードローンは何も問題がないと融資までに二時間もかからないんですね。
もっと大掛かりで大変なものを想像していただけに、なかなか眠れなかった昨日の自分に教えてあげたいです。
結局、アルバイトが始めるまでの数時間本屋さんやコンビニで時間を潰しました。

無事お金を借りる事が出来、チケット代の振込みも終わりかなりほっとしました。
今回は色々と良い経験になりました。
周りにカードローンを利用したいという人が現れたら、色々と教えてあげようと思います。

モビットの返済方法で口座振替を選ぶ2つの理由

モビットの返済方法は預金口座から自動で引き落とされる口座振替、指定された口座に振り込んで返済する銀行振込、カードを使って入金するATMがありますが、口座振替を利用して返済する人が多いです。そこでなぜモビットの返済方法で口座振替を選ぶ人が多いのか理由を挙げていく事にしましょう。

・手数料が無料

銀行振込やATMを利用して返済をすると1回ごとに手数料が発生してしまうので返済総額が増えてしまいます。しかし口座振替を利用して返済すると手数料が無料なので返済総額が増える事はありません。モビットは金利が高く設定されていて加算される利息も多いので手数料は無料にしたいと考える人が多いです。

・返済するのを忘れる事がない

銀行振込やATMを利用していると返済期日を常に覚えておかなければいけませんが、うっかり忘れてしまう事もあります。返済期日を忘れてしまうと滞納になってしまうので業者からの印象も悪くなってしまいます。しかし口座振替を利用して返済していれば返済期日を忘れてしまっても口座から自動で引き落とされるので返済するのを忘れてしまうのを防ぐ事が出来ます。

モビットの返済方法で口座振替を選ぶ人が多いのはこのような理由が挙げられます。返済方法としても一番オススメなのでモビットでお金を借りた時は口座振替を利用して返済するといいでしょう。

未成年の学生がキャッシングを利用したいときは

通常、安定した収入があれば、学生でも消費者金融や銀行のカードローンを申し込みすることができます。

しかし、この契約は、一般的に「20歳以上」となっています。

そのため、未成年の場合は、消費者金融のキャッシングや、銀行のカードローンを申し込むことができません。

ただし、クレジットカードのキャッシングであれば、未成年の学生であっても利用することができます。

そのため、どうしてもお金が必要という場合、20歳未満であればクレジットカードのキャッシングがおすすめです。

なお、親権者の同意があれば未成年でもキャッシングの契約が出来る場合があります。申し込みをしたい消費者金融があれば確認してみることをおすすめします。

レイクALSAは審査時間がものすごく短い

レイクALSAというのはその特徴に審査時間の短さというのがあります。

審査時間というのはいろいろな消費者金融を見ても、最短で30分とかが多いと思います。

しかし、レイクALSAでは最短15秒となっていて、他の会社とは全くレベルが違うという状況になっているのです。

でも、何で15秒で審査が終わるようなことがあるのか?というと、レイクALSAでは人間が審査をやっていないというのがポイントになります。

レイクALSAではAIが審査をしているので、瞬時に適切な審査を実行し、結果を出すことができるのです。

だから、レイクALSAを経験すると、他社の30分でも長く感じる可能性があります。

15秒というのは最短なので、絶対にその時間で完了するとは言えませんけど、全体的にかなり早い時間で済むでしょう。

大手と中小の消費者金融で異なる自動契約機の台数

消費者金融の最大の強みと言えば、サービスの充実です。

申し込みが簡単でいつでも行なうことができることや、借入までの手続きの簡素化による即日での可能なキャッシングは消費者金融ならではの特徴と言えます。

会社によってさまざまなサービスが行われている消費者金融ですが、大手だけでなく中小の消費者金融でも即日融資に対応しているところもあります。

ただし中小の消費者金融では自社で運営している自動契約機の台数が多くないため、消費者金融の売りである即日融資に手間がかかる場合もあるのです。

自動契約機の台数は、とくに急いでいる方にとって利用のしやすさに直結してくる部分でもあるので、キャッシングの際には自動契約機の設置台数や場所などをあらかじめ確認することも重要です。

24時間コンビニで使えるモビットが便利

以前友人の急な結婚パーティーが決まってしまい、他にもお金の出ていく用事の多いシーズンだったので慌ててモビットでキャッシングをしました。急なことで振り回されてはしまいましたが、向こうにもそれなりの事情があったので仕方がないです。なんといってもモビットで即日融資を受けることが出来たのはとても幸運だったと思います。

それからしばらくは利用していなかったのですが、最近ちょこちょこ利用するようになりました。24時間コンビニで利用ができるのですごく楽なんですよね。私は面倒でネットバンクの口座は作っていないのですが、コンビニはすぐ近くにあるのでよく利用しています。いつも使うコンビニでキャッシングが利用できるって本当に便利ですね。

キャッシングの限度額はどのくらいなのか

キャッシングの限度額はいくらなのかというのは個人によって違うことになりますので注意しましょう。正確にはその人の年収の1/3が限界になります。これは法律的な限界という意味であって必ずしもキャッシング業者がそうを設定してくれるというわけではないので、間違えないことです。基本的に何度も借り入れと返済を繰り返すことによって信頼が生まれることことです。

キチンと返済をしてくれる人である、という信用が積み上げられることになりますので、限度額が挙げられるということがあります。但し、これは必須ではないです。キャッシング業者からあげませんかということを言われたりするのですが使いすぎることが不安なのであれば断るということも十分に出来るようになっています。

銀行カードローンの金利の設定の特徴について

消費者金融は基本的に上限金利が18%で設定されている事が多いですが、銀行カードローンは大きく異なっている事も多いですよね。低金利なので申し込んだけどよく確認したら高金利だったというケースも少なくありません。そこで銀行カードローンの金利の設定はどのような特徴があるのか紹介していきましょう。

大手銀行とネット銀行がカードローンのサービスを提供している事が多いです。大手銀行のカードローンは上限金利が14.5%前後で設定されているので消費者金融より低いです。しかしネット銀行のカードローンは12%から13%前後で設定されている事もあります。ネット銀行は無店舗型なので人件費などのコストを削減する事が出来ているのが大きな要因となっています。金利を重視したい場合はネット銀行のカードローンを利用した方がいいかもしれませんね。

コツを知っておくことが大事

キャッシングは計画的に利用するのが大事であり、計画的に賢く利用できればメリット多いです。またキャッシングの理想は日割り計算ですが、、借りたお金短期で返済すればその分利息支払い少なくなります。

また利息額は1度の返済で見ればそれほど高額にならず、あまり意識しなくていいですが、最終的にかなりの額を払うことになりかねないです。キャッシング賢く利用するコツですが、借りたお金すぐ返済する方法があり、すると利息の支払い節約できて気軽に借りられるキャッシングのメリット最大に活かせることになります。

また、返済計画しっかり立てるのが大事であり、借りたお金返す当てあれば問題ないですが、そうでなければ借りてしまうと返済まで時間かかります。

カードローンの無利息は利用者にどのような利点があるのか

近年、多くの消費者金融会社がカードローンやキャッシングにおいて無利息の融資を実施しています。この無利息になる条件は各社で決まっており、一定金額を無利息にしたり、一定期間無利息にしたりというように、利用者が融資を受けた金額の一部に無利息が適用される仕組みです。また、このサービスを利用出来る条件は決まっており、キャッシングやカードローンを初めて使う者となっています。新規申込みを行い、審査を通過後に契約をして実際にサービスを使って借り入れをしますと無利息で利用する事が可能です。

カードローンやキャッシングの利用者にとって無利息の利点は、返済総額を減らせる事です。一定期間でも無利息になっていれば、元金に近いお金を返済するだけで済みます。

大手の消費者金融に分類されているアイフル!利用すると良いと感じる部分は?

アイフルはアコムやプロミスと共に大手の消費者金融に分類されています。アコムやプロミスの方が知名度が高いですが、最近ではアイフルを利用する人も増えてきています。ネットの口コミでも評価が高いアイフルですが、実際にどのような点が良いのか紹介していきましょう。

アイフルはWEB完結申込を採用しているので来店しないでキャッシングをする事が出来ます。住んでいる場所の周辺に店舗がない場合でも手間がかからないので良いと感じる人も多いです。

またWEB完結でキャッシングをする時は振込になるのでカードの発行が不要になります。カードを持っていると家族に見られてキャッシングをしている事がバレる可能性があるのでカードレスになるのを良い部分と感じている人も多いです。

銀行ローンを選ぶメリットは金利の低さ

少しでもお得にお金を借りたいのであれば、銀行ローンを選ぶことが有効です。多くの消費者金融が18.0%の金利を採用するなか、銀行ローンの多くは18.0%よりも低い金利を採用しています。

少額の借入ですぐに返済をするのであれば、金利の差は大きなものとはなりません。しかし、まとまった金額を借りる、もしくは借入後に長い期間をかけて返済をしていく場合などは、僅かな金利の差でも支払う利息の金額は大きく変わってくることになります。

それだけに、支払う利息を少しでも節約したいのであれば、銀行ローンを選んでおいて損はありません。銀行ローンは審査が厳しいと言われることもありますが、基準は銀行によって異なるため、事前に情報収集を行い利用しやすい銀行を探してみると良いでしょう。

AIが算出するスコアを用いて金利を決めるユニークなキャッシング

J.Score(ジェイスコア)には独特なキャッシング審査方法があります。それは、AI が算出したスコアによって、金利や極度額などが決まるところです。もし金利が高いと感じたら、生活情報を更新させ、スコアアップさせることによって、より良い条件で貸付を受けられるようになります。

自分の情報をAIに診断してもらった後は仮審査結果がメールで送られてきます。 キャッシング審査にありがちである面倒な書類の提出はなく、スマホやPCから本人確認書類や収入証明書を提出します。審査は早くて30分で終わってしまうので、素早く審査をしたい人にとっては良いキャッシング会社だと思います。

みずほ銀行とソフトバンクが作り上げた合弁子会社なので、全体的に安心して使用できると思います。

楽天銀行カードローンの独自のメリット

大手ネット銀行の楽天銀行では利便性の高いカードローンの取り扱いがあり、このカードローンは他社のキャッシングサービスなどではなかなか見られない独自のメリットが幾つもあります。楽天銀行カードローンのメリットを紹介していきます。

・専業主婦(主夫)でも契約できる

キャッシングサービスの中には申込者自身に安定した収入がない専業主婦(主夫)の申込みは断るケースが多いのですが、楽天銀行カードローンの場合は配偶者に安定した収入があれば専業主婦(主夫)でも契約可能となっています。

・楽天スーパーポイントが貰える

入会するだけで楽天スーパーポイントが貰える特典があります。また入会月の翌月末時点で利用残高が一定額以上であれば追加で楽天スーパーポイントが獲得できます。

プロミスの目的ローンのメリットと注意点

プロミスでは契約時にまとまった融資を受けて融資金の使いみちは自由という便利な目的ローンの取り扱いがあります。プロミスの目的ローンのメリットと注意点について解説していきます。

・貸付条件

2018年8月28日時点で融資限度額は最高で300万円、実質年率は6.3%16.5%という貸付条件になっています。満20歳以上で毎月安定した収入があればアルバイトやパートでも契約は可能とされています。なお実質年率の上限が同社のフリーキャッシングよりも低い点に特徴があります。

・無利息キャッシングは不可

プロミスの利用が初めての人がフリーキャッシングを契約した場合には最大で30日間の無利息キャッシングサービスを受けることができますが、目的ローンには無利息キャッシングサービスはない点に要注意です。

どこから借りればいい?カードローンのオススメ業者

ピンチの時にいつでもどこからでも申し込む事ができて、借り入れまでのスピードも早いカードローン。ですが実際に借りるとなると色々な会社があってどこから借りればいいのか迷ってしまうこともあると思います。

選ぶ基準としては、まず大手であることです。大手の企業であれば悪徳などといった事もないので安心して借りることができますし、人気なだけあって契約してから借り入れまでの流れがスムーズで利用しやすいようにできています。サービス面でも無利息期間があったりと、多くのところが似たようなサービスを提供してくれています。

では違いはどこかというと、1番大きいのは提携している銀行です。大抵メインで便利に使える銀行が1、2つあって、それを利用することで手数料などがかからないというメリットがあるのですが、もし自分がそこの口座を持っていない場合は新たに開設しなければ利便性が低くなってしまいます。

ですのでどの銀行口座がお得なのかを調べて選ぶと、便利でお得に利用することができます。

キャッシングサービスを利用した時の利息について

銀行のカードローンや消費者金融会社のキャッシングサービスを利用すると、一定期間の無利息期間などを除いて、必ず利息が付きます。

毎月の返済額に、この利息が含まれています。

利息は、各銀行や消費者金融会社によって、利率の設定に違いがあります。

利息の計算方法は、「借入金額」×「年利」×「30(日)」÷「365(日)」=毎月の利息になります。

借り入れ金額とは、キャッシングサービスの利用金額で、年利とは、利用した銀行や消費者金融会社が決めている利率です。

この計算をすることで、自分が毎月いくらの利息を支払っているのか、また、これからキャッシングサービスを利用する予定があるのなら、事前に利息計算をしてから申し込みをするのが良いでしょう。

キャッシングの審査基準は?どのくらい収入があればいいか

初めてカードローンなどのキャッシングに申し込む場合、まず気になるのは審査に受かるかどうかだと思います。自分はアルバイトだから落ちるのではないか、派遣社員だけど大丈夫かなど色々心配になりますよね。

実はプロミスなどのカードローンの合否の審査基準は『毎月安定した収入があるかどうか』だけです。ですので、アルバイトでもパートでも、派遣社員でも個人事業主でも、毎月安定した収入さえあれば審査をパスすることは可能です。

ただし、注意しなければならないのが審査に通るためには安定した収入さえあればいいのですが、利用限度額に関しては年収や家族構成などそれ以外の部分が影響して決定されます。

ですのでもし高額のキャッシングを希望する場合、家族に自分より高収入の人がいればその家族に頼んで借りてもらうことで利用限度額を引き上げることができます。

プロミスのキャッシングについて

私が初めてキャッシングに手を出したのはプロミスでした。大学生の頃、ギャンブルで負けてしまい、生活費欲しさに軽い気持ちで自動契約機で契約を試みました。当時はアルバイトで収入が月約10万程度だったかと思いますが、それでもすんなり契約ができ、その場で10万円借りることができました。それからは収入が上がるごとに上限を更新してもらい、現在約45万ほどの借り入れで、月々13000円づつの返済を行なっています。

プロミスは他の消費者金融よりも対応が親切丁寧な印象で、語弊があるかもしれませんが審査はぬるいと思います。ですが、返済にはかなり厳しく、1回でも返済が遅れると以降数ヶ月は借り入れが出来なくなります。ATM手数料などもなく、専用ATMも多いので、キャッシング初心者にはおすすめできる消費者金融であると思います。

該当している人は注意!プロミスの審査の可決率が悪くなる職業は?

プロミスは特定の職業に就いていると審査の可決率が悪くなる傾向があります。利用条件が満たしているのに職業の影響で審査に落ちてしまう可能性もあるので注意が必要です。そこでどのような職業だと審査の可決率が悪くなってしまうのか確認していきましょう。

プロミスは安定した収入を得ていて返済能力がある事を審査で重視するので個人事業主として働いている人に不安を感じてしまいます。作家、漫画家、作曲家、芸能人、スポーツ選手など大金を稼いでいる人もいますが、いつ無収入になるか分かりません。このような職業に就いている人は月に1回以上の収入を得ている事を証明する必要があるのでプロミスを利用する時は収入証明書などをしっかり準備しておきましょう。