銀行カードローンが銀行にとって手放せない理由

銀行カードローンが過剰な融資を行っているのではないか、ということが社会問題になっています。十数年ぶりに自己破産申請者数が増加していることと銀行カードローンの融資残高が短期間で大きく増加していることが関連していると考えられるからです。金融庁もこの問題を放って置けなくなったのか銀行の立入検査を実施する事態になっています。

銀行カードローンは銀行にとっては2つの意味で手放すことができない金融商品になっています。

一つは銀行カードローンは銀行の金融商品に中でも、金利が高いことから大きな収益を上げられる商品であるからです。簡単に言うと、銀行のとって銀行カードローンは儲かる金融商品になっているので、簡単には縮小したり手放したりすることができなくなっているのです。

もう一つは銀行カードローンは銀行のとっては損失がでない金融商品になっているからです。銀行カードローンの審査に通るには、保証会社の保証を受ける必要があります。これは、銀行カードローンが不良債権になった場合には銀行は保証会社からの保証を受けることが出来ることを意味しています。

銀行にとって銀行カードローンとは損失を考えることなく、儲かる素晴らしい金融商品と言える存在なのです。

キャッシングならではのメリットとは

キャッシングならではのメリットとはたくさんありますが、メリットと同時にどのようなデメリットがあるのかも十分に把握した上で、キャッシングやカードローンを利用することが大切ではないでしょうか。メリットとデメリット両方知ってるいることで、上手なキャッシングやカードローンの利用が可能になるので、利用する前にしっかりと学んでおく必要があるのではないでしょうか。

使い方によっては非常な便利なサービスですが、知らない間に借金が増えて返済が難しくなってしまうケースなども少なくないので、使い方を十分に検討した上で消費者金融と契約を行うことが大切になるでしょう。まずキャッシングのメリットですが、自分の利用したい目的に合わせて24時間いつでも融資を受けることが可能になることが挙げられます。

コンビニのATMなども活用することもできるので、お金が必要な際にすぐにキャッシングが利用できるのは最大のメリットだと言えるでしょう。この便利さがデメリットになる場合もあります。気軽に利用できる分使い方に関しては自分でしっかりとコントロールする必要が出てくるので、目的意識をしっかりと持った上でキャッシングやカードローンを利用することが大切ではないでしょうか。

キャッシングの利息は1日単位で計算されます

キャッシングを行うと借りたお金には利息が発生しますが、この利息は1日単位で計算されており、決められている返済日以外に返済することもできます。

特に一括で返済ができる状態になった場合には、1日でも早く返済してしまうに越したことはありません。例えば30万円を年利18%で借りていると、1日当たり147円の利息が発生します。
これが1ヶ月分となると約4,430円という計算になりますが、10日で返済できる場合は約1,470円の利息の支払いだけで済むのです。

キャッシングの返済は借り入れ金額にも依りますが、10回以上になることが多いです。
これはあくまで業者側で毎月無理なく返済できるように毎月の返済額を均等にしようと考えている為で、素直にこの通りの返済を繰り返していく必要はありません。

30万円を12回の均等返済にすると、年利18%では合計で約330,044円を支払う必要があります。ですが、1ヶ月で返済できれば約304,430円の支払いだけになり、2万5千円以上も利息を節約することができます。

この一括返済を行う場合には、その旨を利用している業者まで伝えてください。
1日単位で新たな利息が発生してしまうので、確かに返済できる日を伝えて、その日までの合計支払い金額を間違いなくその日に返済してください。

りそな銀行プレミアムカードローンの特徴

メガバンクの一角であるりそな銀行が取扱いをしているカードローンの一種であるプレミアムカードローンは、大手銀行が取り扱っているカードローンに相応しい利用限度額の高さと金利の低さを備えて持っていますし、加えて申し込みをしやすくなっているので多くの人にオススメできる商品となっています。
りそな銀行プレミアムカードローンの特徴について具体的に解説を行います。

プレミアムカードローンの利用限度額は最大800万円であり、金利は年3.5%から12.475%という水準になっています。
申し込みの時点で口座を持っていないという人でも契約日までに口座開設を行えば申込可能ですし、利用限度額が300万円以下のコースであれば収入証明書の提出は不要となっています。

キャッシングの利息計算方法に注意しよう

キャッシングの契約を行なう際には、利息計算方法について注意が必要です。なぜなら、金銭消費貸借契約においては、元金に対してのみ利息が付く単利計算となりますが、随時返済は任意に認められているので、元金計算日について規定されている内容が利用者にとって不利となることがあるからです。随時返済を行なった場合には、即座に元金返済に充当されますが、信販会社や一部の金融業者では、締め日に元金充当する利用規約となっているケースがあります。利息計算日についても締め日時点での元金を基にして計算されていることがあり、既に任意返済を行っているにも関わらず、締め日を過ぎているという理由から利息計算時には返済済みの元金が含まれてしまう問題に注意が必要です。

元金計算方法については、返済日前日時点の元金を基準にしていれば特に問題ありません。しかし、数週間前の締め日を基準日とされてしまうと、本来は返済不要な利息まで請求されてしまうことになるので、不当な扱いとなるでしょう。利息は日割り計算されますが、随時返済金の元金充当は月単位という謎の返済方法を採用している金融業者とは、他の利用規約についても問題が無いか確認が必要となります。