消費者金融で申し込んだ当日中に借り入れをするには。

何度も消費者金融から借り入れをしている人やキャッシングをこれから申し込もうと下調べをしている人などはすでに何度も『即日融資』という文言を見てきていると思います。今すぐお金を借りたいという人にとってはありがたいサービスですね。ただ個人的には消費者金融から即日融資を受けるにはそこそこハードルが高いと思っております。

まずその日は仕事など予定がない日でないとなかなか難しいです。事前に申し込んだとしても、確認の電話など何度かオペレーターとやり取りしなければなりませんし、審査が通っても無人契約機にカードを取りにいかなければならないので、余程の条件が揃わなければ難しいです。

私は3、4社消費者金融から借り入れをしておりましたが、即日融資できたのは1社でした。午前中に申し込み、1時間程度で仮審査の合格通知が来て、すぐに無人契約機に行き1時間ほどで本審査が終わりカードが手元に入りキャッシングができました。その日は何も予定がなかったので可能でした。カードで借り入れをするとなると、このような流れしか即日融資は可能性がありません。

その他に口座に振り込んでもらう方法もありますがこれは金融機関の営業時間までに手続きが終わらないと振込みができないので尚難しくなります。ただプロミスなどでは指定された口座を持っているとこれは24時間オンラインでいつでも振込みがされるので、指定口座を持っている方は審査が終わればいつでも振込みをしてもらえるのでこの場合だと即日融資をしてもらえる可能性がぐっと高くなりますのでおすすめです。

年収に左右されるキャッシングの限度額

総量規制の対象となっている貸付のひとつとして消費者金融のキャッシングがあります。

総量規制は消費者を貸金業者による貸し過ぎから保護する目的として施行されましたが、これは同時に消費者が借金を作り過ぎないようにするためでもあります。

過度の借金というものは多重債務や自己破産などの大きな要因となってしまうからです。

そのため、消費者金融のキャッシングなどに関しては総量規制の対象となっており、消費者は自己の年収の三分の一までという金額が借りられる金額の上限となっています。

ただし、この年収の三分の一までという金額はあくまでも最大値としての目安であり、必ずしもその上限いっぱいまで借りられるというわけではない点には注意が必要です。

総量規制対象外となる消費者金融

消費者金融、つまりは貸金業であれば総量規制が引っかかることになります。これは業者側の貸付に関する制限であり、年収の三分の一を超える貸付を禁止しているのですが、実は消費者金融であろうともこれか例外的に除外されることがあります。つまりは、総量規制対象外、となるやり方があります。

それがおまとめローンなどになります。要するにほかのところから借りているものも含めて、こちらに一括にまとめてしまう、という行為です。このおまとめ系であれば実は総量規制は対象外になります。理由としては借り手にもメリットがあるからです。少なからず金利は減るであろうし、返済が多少なりとも楽になる、という意味合いがこの手のローンにはありますから、これは除外して考えてよし、ということになっています。そもそも最初から総量規制が対象外となるのが銀行などになります。

これはどうしてなのか、といいますと銀行は貸金業法が適用されることがないからです。銀行の場合は銀行法というのがあり、そちらになります。そして、この総量規制とは貸金業法に関することであり、銀行に関してはそもそも適用される法律となっているわけではない、となるわけです。ここが大きな違いになっています。

プロミスのレディースキャッシングの特徴とは

プロミスでは女性専用のキャッシングサービスであるレディースキャッシングという商品の取り扱いがあります。同キャッシングサービスにはどのような特徴があるのかについて確認していきましょう。

・安心の女性専用のフリーダイヤルがある

レディースキャッシングは女性のスタッフが対応してくれる専用のフリーダイヤルが用意されています。同じ女性同士気兼ねなくキャッシングに関する相談をしながらサービスの申込みを行うことができます。

・主婦や学生でも申込み可能

レディースキャッシングは満20歳以上で毎月継続的な収入があれば職業に関係なく申込みができます。例えば非正規職員として働いている兼業主婦やアルバイトをしている学生でも契約は可能となっています。