該当している人は注意!プロミスの審査の可決率が悪くなる職業は?

プロミスは特定の職業に就いていると審査の可決率が悪くなる傾向があります。利用条件が満たしているのに職業の影響で審査に落ちてしまう可能性もあるので注意が必要です。そこでどのような職業だと審査の可決率が悪くなってしまうのか確認していきましょう。

プロミスは安定した収入を得ていて返済能力がある事を審査で重視するので個人事業主として働いている人に不安を感じてしまいます。作家、漫画家、作曲家、芸能人、スポーツ選手など大金を稼いでいる人もいますが、いつ無収入になるか分かりません。このような職業に就いている人は月に1回以上の収入を得ている事を証明する必要があるのでプロミスを利用する時は収入証明書などをしっかり準備しておきましょう。

キャッシング増額申請のためにもお金とはまじめに付き合う

キャッシング契約時にはあらかじめ個々に借入限度額設定がされていて、その金額内でのキャッシングをすることができます。初回の設定はどの申込者でもさほど大きな金額ではなく、10万円ほどからのスタートがほとんど、最初から50万円以上の設定はまずありません。申し込み者の属性や個人情報、金融がシェアする信用情報をベースに金額は決定されますが、少ない人だと10万円以下の上限ということも珍しくはありません。利用をしてみるとキャッシングはかなり便利な機能なので、増額申込みをして借入金額を増やしたいと考え始めます。

希望をするなら本人からアクションを起こして、コールセンターに電話をして増額申請を出すことです。言えばすぐ増額ではなく審査がありますので、増額希望を出すなら普段から返済をきちんとしたり、まじめにお金と付き合うことも必要になります。

各種ローンの審査にキャッシング経験があると不利?

銀行で大口ローンを契約する際、キャッシング経験があると審査で不利になると考えてしまいます。実際には、金融取引経験があり返済が確実に履行されると判断されれば不利になるものではありません。

しかし、全ての取引情報が有利になるものでもなく、過去の利用かつ期間が経過していることが条件です。一方、定期的にキャッシングの利用を行っている場合には不利になるます。

あくまで、収入に見合った支出管理が行われているかが条件であり、頻繁なキャッシング利用は資金繰りが悪いと判断される可能性があります。

大口ローンの場合、返済中に返済ができなくなり、キャッシングで足りない分を補填するといったことは多重債務リスクに直結します。先ずは、不利になるケースとしてお金が無いと判断されないように利用することがポイントです。

銀行カードローンを選ぶ時に重視すればいい点は?

銀行カードローンを選ぶ時に人によって重視する点が異なるので迷ってしまう人も少なくないでしょう。そこで銀行カードローンを選ぶ時にどのような点を重視するのがいいのか見ていく事にしましょう。

銀行カードローンは最高金利が15%以下で設定されている事が多いですが、14%以下、14.5%など銀行によって設定が異なっています。また15%以上で設定されている銀行カードローンも少なからずあるのでまずは金利の設定が低い点を重視して選ぶのがおすすめです。また銀行カードローンは審査回答で数日かかるので融資可能になるのも遅くなってしまう事が多いです。複数の銀行カードローンの融資スピードを比較して早く借りれる点を重視して選んでみるのもおすすめです。金利の設定が低い点と融資スピードが早い点のどちらかを重視してみましょう。