キャッシングならではのメリットとは

キャッシングならではのメリットとはたくさんありますが、メリットと同時にどのようなデメリットがあるのかも十分に把握した上で、キャッシングやカードローンを利用することが大切ではないでしょうか。メリットとデメリット両方知ってるいることで、上手なキャッシングやカードローンの利用が可能になるので、利用する前にしっかりと学んでおく必要があるのではないでしょうか。

使い方によっては非常な便利なサービスですが、知らない間に借金が増えて返済が難しくなってしまうケースなども少なくないので、使い方を十分に検討した上で消費者金融と契約を行うことが大切になるでしょう。まずキャッシングのメリットですが、自分の利用したい目的に合わせて24時間いつでも融資を受けることが可能になることが挙げられます。

コンビニのATMなども活用することもできるので、お金が必要な際にすぐにキャッシングが利用できるのは最大のメリットだと言えるでしょう。この便利さがデメリットになる場合もあります。気軽に利用できる分使い方に関しては自分でしっかりとコントロールする必要が出てくるので、目的意識をしっかりと持った上でキャッシングやカードローンを利用することが大切ではないでしょうか。

キャッシングの利息は1日単位で計算されます

キャッシングを行うと借りたお金には利息が発生しますが、この利息は1日単位で計算されており、決められている返済日以外に返済することもできます。

特に一括で返済ができる状態になった場合には、1日でも早く返済してしまうに越したことはありません。例えば30万円を年利18%で借りていると、1日当たり147円の利息が発生します。
これが1ヶ月分となると約4,430円という計算になりますが、10日で返済できる場合は約1,470円の利息の支払いだけで済むのです。

キャッシングの返済は借り入れ金額にも依りますが、10回以上になることが多いです。
これはあくまで業者側で毎月無理なく返済できるように毎月の返済額を均等にしようと考えている為で、素直にこの通りの返済を繰り返していく必要はありません。

30万円を12回の均等返済にすると、年利18%では合計で約330,044円を支払う必要があります。ですが、1ヶ月で返済できれば約304,430円の支払いだけになり、2万5千円以上も利息を節約することができます。

この一括返済を行う場合には、その旨を利用している業者まで伝えてください。
1日単位で新たな利息が発生してしまうので、確かに返済できる日を伝えて、その日までの合計支払い金額を間違いなくその日に返済してください。

キャッシングの利息計算方法に注意しよう

キャッシングの契約を行なう際には、利息計算方法について注意が必要です。なぜなら、金銭消費貸借契約においては、元金に対してのみ利息が付く単利計算となりますが、随時返済は任意に認められているので、元金計算日について規定されている内容が利用者にとって不利となることがあるからです。随時返済を行なった場合には、即座に元金返済に充当されますが、信販会社や一部の金融業者では、締め日に元金充当する利用規約となっているケースがあります。利息計算日についても締め日時点での元金を基にして計算されていることがあり、既に任意返済を行っているにも関わらず、締め日を過ぎているという理由から利息計算時には返済済みの元金が含まれてしまう問題に注意が必要です。

元金計算方法については、返済日前日時点の元金を基準にしていれば特に問題ありません。しかし、数週間前の締め日を基準日とされてしまうと、本来は返済不要な利息まで請求されてしまうことになるので、不当な扱いとなるでしょう。利息は日割り計算されますが、随時返済金の元金充当は月単位という謎の返済方法を採用している金融業者とは、他の利用規約についても問題が無いか確認が必要となります。

キャッシングの返済に関してのこと

キャッシングでお金を借りること自体はそんなに悪いことではないのです。借金である、ということは確かであるわけですが、それでもキチンと返済をすることができるのであればそれは十分に問題ない、ということになります。そこは安心してよいでしょう。キャッシングは返済計画が何より大事なことになるでしょう。

キャッシングサービスをしているところはいくつもありますが、まずは金利を見ることです。金利をよく見て、最も安いところから借りるようにした方がよいでしょう。それがとても大事なことになるでしょう。キャッシングサービスの多くが意外と無利息期間を持っていたりします。

つまりは、その期間はノーコストで借りることができる、ということになります。これが何より有難いことであるといえますから、しっかりと覚えておいたほうがよいでしょう。そうすることによって、上手く活用できるようになるでしょう。キャッシングの返済はできれば一括がよいでしょう。

最近ではリボルビング払い、というのも簡単にできるようになっているのですが、基本的にはそれはお勧めできるようなものではないです。あくまで、すぐに返すことができるようにしたほうがよいでしょう。

アルバイトでもキャッシングが可能な金融会社はあります

キャッシングを行なうために必要な条件として、安定した収入があることが挙げられます。金融会社からお金を借りるには、貸金業法に基づき貸付を行なう消費者金融と信販会社と契約するだけでなく、銀行法に基づき貸付を行なう銀行カードローンを選ぶことも可能です。

 貸金業法が改正されて以降、消費者金融と信販会社からキャッシングする際には、年収の1/3以内の貸付迄と法律により決められているので、収入を証明する必要があります。過去3ヶ月分の給与明細に記載されている金額が、バラツキが少なく返済可能な範囲の貸付が出来ると判断されれば借入は可能です。消費者金融や信販会社の中には、アルバイトやパートでも申込可能と謳っている所があるので、ホームページを確認してから申込を行なうと良いでしょう。

 銀行カードローンについては、貸金業法に基づく貸付ではないので、総量規制の対象外です。審査は厳しくなりますが、アルバイトであっても申込可能とされている所は、申込を断られることはなく、仮審査という形で簡易判定が行える銀行カードローンを選べば、実際に申込を行って断られるリスクを減らすことが出来ます。キャッシングの申込を行った事実は、6ヶ月間個人信用情報機関に登録されるので、審査で否決されてしまった数が2件に到達してしまった場合には、6ヶ月以上空けてから別の金融会社に申込すると良いでしょう。

本人確認の手続きをなくすのであれば、クレカのキャッシング

キャッシングと言えば、銀行系カードローンや消費者金融系カードローンにおいて高額な融資枠を得ることが可能となります。

しかし、必要以上の融資枠を契約することは貸金業法に定められる総量規制対象に該当することや無駄遣いに直結するなどといった問題を引き起こします。

そこで、無駄な融資を受けず、総量規制対象でも影響を低くする方法として、クレジットカードのキャッシング枠契約が便利となります。

実はこの方法ですが、既に本人確認が済んでいることから個人信用情報機関への与信情報確認のみで住む場合があり、勤務先への在籍確認が行われない可能性が非常に高くなっています。また、本人確認に必要な書類も既に提出済みであり、キャッシングのためだけに書類を再生提出する必要も無くなります。

更に、クレジットカードのキャッシングの場合、本人確認が不要であるだけでなく、銀行口座から直接引落しが行われるため、毎月の返済忘れも回避することが出来ます。

また、クレジットカードの場合、提携する金融機関およびコンビニATMが非常に多く、日本全国津々浦々で現金の借り入れが可能となります。

本人確認が不要な上、利便性も高いといったことから少額のキャッシングであれば、銀行系カードローンや消費者金融系カードローンよりもクレジットカードのキャッシングが非常にお手軽となります。

初めてのキャッシングは銀行ローンから

今迄キャッシングをした事がない初心者もいつキャッシングが必要となるかわかりません。キャッシングをした理由の第1位は生活費ですので、その後も長い付き合いになる可能性があります。という事で、初心者の上手いキャッシングの手順をお教えします。

まず、初めてのキャッシングをする場合は銀行カードローン→クレジットカードのローン→大手消費者金融業者→中小消費者金融業者の順に借りて行く事を覚えてください。なぜかというと、銀行カードローンのサービスを行っている銀行は総量規制の対象外だからです。金利が安いという事もありますが、借入増額を行いたい時に、消費者金融から先に借りていると、銀行カードローンは審査に通らず、結果資金繰りに窮する事になります。クレジットカードのキャッシング→消費者金融と行くのは、キャッシング業界にも格がある為、その後の審査に及ぼす影響を減らす為です。いきなり中小消費者金融に行ってしまうと、審査でそれだけで資金繰りに窮していると思われますから。

キャッシングには適切な順番が存在すると理解頂けましたでしょうか。いきなり雑誌の裏に乗っている様な怪しげな金融屋に行くのは以ての外です。初めてのキャッシングで後々手詰まりにならない様に、この順番を覚えておいて下さいね。

キャッシングは繰上げ返済すれば怖く無い

皆さんはキャッシングについてどの様なイメージをお持ちですか?

何となく怖い、破産するといった絶対手を出してはいけないイメージから、金利が高過ぎるので使うなら株や定期預金、保険の解約等をした方がいいといった金利が高いイメージをお持ちじゃ無いでしょうか?

私も初めてキャッシングをする時までその様なイメージを持っていました。実はキャッシングというのは上手く使えば何ら怖いものでは無いのです。

私の体験記を話しますと、私の場合カードの支払い日の前日に銀行口座のお金が足りない事に気付いた事が最初のキャッシングの動機です。皆さんも旅行やスーツ購入等のショッピングでカードを使い過ぎた経験あると思います。50万円台の請求が来てたのですが、銀行口座に10万円も残っていなく、しかし証券口座には資産価値のある株がある状態でした。投資家はご存知と思いますが、株は換金に四営業日かかる為、銀行口座への出金が行われるのは最短で五営業日かかります。すぐ売ってもどの道間に合いません。

そこで私はクレジットカードについているカードローンのキャッシングを利用する事にしました。

50万円をキャッシング(6ヶ月払いで金利18パーセント)で翌日振込みで申し込み、全てネットの申し込みだけで完結し、非常に使い勝手がよかったです。

次の日にはキチンと振込まれ、カードの決済も済みました。その後金利負担がもったい無いので、株を売って資金化して繰上げ返済しようくと考えた所、次の月にボーナスが出る事からこのまま1ヶ月だけ借りることにしました。

結果、この判断が大当たりして、株は数ヶ月で5倍以上に値上がりし、充分な収益を上げる事が出来ました。

ローンの繰上げ返済も申し込みと同様、ネットから申し込み手続きをするだけで簡単に出来ました。

実質1ヶ月だけしか借りませんでしたので、かかった金利は7,397円と大した金額にはなりませんでした。

キャッシングはちょっとした支払い不足や繋ぎ資金としては非常に便利で使い勝手がいいものです。皆さんも、少しの期間にお金が足りない時は株を売ったり定期保険や保険の解約よりも手軽なキャッシングを検討してみてはいかがでしょう。

主婦がキャッシングを利用したい場合

以前と比べてキャッシングは多くの人にとって身近な存在になってきています。それで、主婦の立場の方であってもどうしてもお金が必要になった場合、キャッシングを利用したい、と思うことがあるかもしれません。では、主婦の方であってもキャッシングを利用できるのでしょうか。

答えから述べると、たとえ主婦であっても毎月一定の収入があるならば利用することが出来ます。アルバイトでもパートタイムの仕事でも、どこかに勤務していて毎月一定の収入を得ているならば申込むことが出来ます。それで、審査の際には、申込み者が実際に収入を得ていることを確認するために、申込みの際に申告した勤務先に在籍確認の電話がかけられることになります。

しかし、この電話連絡は消費者金融の会社名ではなく個人名で行われますし、申込み者の収入について尋ねられるわけではありませんので、勤務先にキャッシングのことが漏れることを心配する必要はないでしょう。

あとは、他の立場の人たちと同じように本人確認が行われますので、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類を準備しておきましょう。主婦の方であっても必要に応じてふさわしい仕方でキャッシングを利用出来るといいですね。

銀行系のキャッシングは申し込みや審査に結構手間がかかりやすい

キャッシングを行っている会社も多々ありますが、いろいろな種類に分けることができます。例えば、銀行系のキャッシングですね。こういったところは借り入れ限度額が割と大きくて、金利が低いということがあるので、利用者にとっては条件面ではかなり恵まれているといえます。

ただ、こういったところは実は申し込みをするときにやや面倒な場合があります。それは申し込みのときに用意しないといけない書類の数が多かったりしますし、それを用意したうえで審査にかかる時間が長いということです。良い条件で借りられれば別に何でも良いという方は問題ではありませんが、審査に時間が長くかかるという点においては嫌う人もいます。

だから、具体的にどれくらいかかるか?というのは、会社によって違いますし、何ともいえない部分もありますけど、感覚として長く感じるくらいの心の準備はしておいた方が良いでしょう。あとは事前に口コミなどを調べて、審査にかかる時間を会社ごとに調べてくと、いざ審査の時間になってイライラする必要もなくなるかもしれません。

前もって知っておけば予定通りくらいにしか思わないでしょうから。条件面では良いのですが、審査にかかる手間がやや煩雑という点は銀行系のキャッシングの特徴として覚えておいてください。