主婦がキャッシングを利用したい場合

以前と比べてキャッシングは多くの人にとって身近な存在になってきています。それで、主婦の立場の方であってもどうしてもお金が必要になった場合、キャッシングを利用したい、と思うことがあるかもしれません。では、主婦の方であってもキャッシングを利用できるのでしょうか。

答えから述べると、たとえ主婦であっても毎月一定の収入があるならば利用することが出来ます。アルバイトでもパートタイムの仕事でも、どこかに勤務していて毎月一定の収入を得ているならば申込むことが出来ます。それで、審査の際には、申込み者が実際に収入を得ていることを確認するために、申込みの際に申告した勤務先に在籍確認の電話がかけられることになります。

しかし、この電話連絡は消費者金融の会社名ではなく個人名で行われますし、申込み者の収入について尋ねられるわけではありませんので、勤務先にキャッシングのことが漏れることを心配する必要はないでしょう。

あとは、他の立場の人たちと同じように本人確認が行われますので、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類を準備しておきましょう。主婦の方であっても必要に応じてふさわしい仕方でキャッシングを利用出来るといいですね。

主婦がキャッシングするには

主婦はかつてはけっこうキャッシングできたものですが、現在では厳しくなってきております。これは2010年に総量規制が導入され、収入の三分の一までしか消費者金融は貸してはいけないということになったからです。これを主婦についてみてみますと、専業主婦は収入がないでしょうから、この時点でなかなか借りられないということになります。

しかし、主婦と言っても、お金が必要になることはあるでしょう。もちろん、慢性的に借りるということになれば、破産の恐れもあるのですが、急場しのぎにキャッシングを使うというのは決して悪いことではありません。

とはいえ、総量規制ゆえ、借りる道は限られてくることになります。まず、総量規制は、消費者金融に対する規制であることから、銀行に対しては対象外ということになります。従って、銀行から借りるということは、ありうるわけです。ただ、この場合は、夫に収入があるということが絶対条件ということになってきます。また、消費者金融から借りる道もないではありません。配偶者貸付と言いまして、夫婦の収入の合算したものの三分の一まで借りられるというように、ちょっとだけ総量規制が緩くなっております。

このように、銀行から借りるにしても、消費者金融から配偶者貸付という形で借りるにしても、夫に収入があることが条件になってきますので、夫にも収入がないと、キャッシングは使えません。厳しいようにも思われますが、これは仕方ないでしょう。