カードローンは欲張らずに身の丈に合った使い方を。

私がカードローンを利用する事になったのは、主人が定職に就かず収入が安定しなくて、そんな時に子供の学校での費用にまとまったお金が必要になったからです。

生活する為のお金はなんとかあるのですが、入学する際に何かと物入りで出費がかさみ、特に教科書代や塾に払うお金は結構大きな額なので、貯金を切り崩して支払うのも限界がありました。

カードローンで良かった事は、やはりまとまったお金が手に入るので急な出費に助かりました。

手持ちの現金が無い時は本当にありがたいです。審査も割とすんなりと通ったので借り入れしやすかったです。

しかし、現金が無くてもカードで買えると思うとどこか安心して、少し高い買い物でもローンで買ってしまったりして後の支払いが大きくなってしまいました。

私が契約したカードローンは借り入れ残高によって利息が変わるので、残高が増えると利息も増えるので、結局毎月その分無駄にお金を払っているんだと思うと後悔します。

月並みですが、やはり計画的に借り入れする事が一番です。

借りたお金は利子をつけて返さないといけないという事を頭に入れて、借り過ぎないように最初に申し込む時に、限度額を低めに設定しておくのも良いかと思います。