年収に左右されるキャッシングの限度額

総量規制の対象となっている貸付のひとつとして消費者金融のキャッシングがあります。

総量規制は消費者を貸金業者による貸し過ぎから保護する目的として施行されましたが、これは同時に消費者が借金を作り過ぎないようにするためでもあります。

過度の借金というものは多重債務や自己破産などの大きな要因となってしまうからです。

そのため、消費者金融のキャッシングなどに関しては総量規制の対象となっており、消費者は自己の年収の三分の一までという金額が借りられる金額の上限となっています。

ただし、この年収の三分の一までという金額はあくまでも最大値としての目安であり、必ずしもその上限いっぱいまで借りられるというわけではない点には注意が必要です。