本人確認の手続きをなくすのであれば、クレカのキャッシング

キャッシングと言えば、銀行系カードローンや消費者金融系カードローンにおいて高額な融資枠を得ることが可能となります。

しかし、必要以上の融資枠を契約することは貸金業法に定められる総量規制対象に該当することや無駄遣いに直結するなどといった問題を引き起こします。

そこで、無駄な融資を受けず、総量規制対象でも影響を低くする方法として、クレジットカードのキャッシング枠契約が便利となります。

実はこの方法ですが、既に本人確認が済んでいることから個人信用情報機関への与信情報確認のみで住む場合があり、勤務先への在籍確認が行われない可能性が非常に高くなっています。また、本人確認に必要な書類も既に提出済みであり、キャッシングのためだけに書類を再生提出する必要も無くなります。

更に、クレジットカードのキャッシングの場合、本人確認が不要であるだけでなく、銀行口座から直接引落しが行われるため、毎月の返済忘れも回避することが出来ます。

また、クレジットカードの場合、提携する金融機関およびコンビニATMが非常に多く、日本全国津々浦々で現金の借り入れが可能となります。

本人確認が不要な上、利便性も高いといったことから少額のキャッシングであれば、銀行系カードローンや消費者金融系カードローンよりもクレジットカードのキャッシングが非常にお手軽となります。