暖房費の節約術で快適に過ごす方法をご紹介します。

寒い冬を暖かく過ごすために暖房器具は欠かせませんよね。

ストーブをはじめ、こたつや電気カーペット、エアコンなど、部屋全体を暖めるものや体のある部位を集中的に暖める用途によって異なりますね。

ただ、そのほとんどの暖房器具は電力を必要としているので、家計を圧迫してしまいます。

暖房費を節約するにはどうすれば良いでしょうか。

暖房をつけても隙間風が入ってくるようでは部屋の空気は暖まりにくいものですね。

最近の戸建てやマンションでは密閉度も高いですが、年期の入ったお家では部屋の出入り口のドアやふすまなど隙間があると、そこから冷気が入ってきます。このような場所には隙間を埋めるテープが便利です。

また窓ガラスには、梱包用のプチプチシートを貼るのもお勧めです。冷気を遮るだけでなく保温効果も期待できます。さらにカーテンも厚手で保温性の高い素材の方が、より冷気を防いでくれます。腰高窓の場合は窓枠より10cm以上の長さが理想で、掃き出し窓の場合はカーテンが床にひきずるぐらいの長さにするのがよいでしょう。

暖房費を節約するには、せっかく暖めた空気を外へ逃がさないことです。ドアやふすまの隙間を埋めることやカーテンを厚く長めにすることで、暖かい部屋の空気を保つことができます。快適にそして家計に優しい冬を過ごすためにも、暖気を逃がさない工夫を施しましょう。