年収に左右されるキャッシングの限度額

総量規制の対象となっている貸付のひとつとして消費者金融のキャッシングがあります。

総量規制は消費者を貸金業者による貸し過ぎから保護する目的として施行されましたが、これは同時に消費者が借金を作り過ぎないようにするためでもあります。

過度の借金というものは多重債務や自己破産などの大きな要因となってしまうからです。

そのため、消費者金融のキャッシングなどに関しては総量規制の対象となっており、消費者は自己の年収の三分の一までという金額が借りられる金額の上限となっています。

ただし、この年収の三分の一までという金額はあくまでも最大値としての目安であり、必ずしもその上限いっぱいまで借りられるというわけではない点には注意が必要です。

銀行のカードローンは総量規制対象外です

最近は銀行の名前がついたキャッシングローンが多くなってきました。大手の銀行や地方銀行など様々な商品が販売されていて、銀行の知名度や安心感、消費者金融でキャッシングを行う時の金利よりも安く借りられるところもあることから大きな注目を集めています。大きく注目するところは銀行での貸し付けに関しては貸付金額の総量規制対象外であるという点にあります。

消費者金融でキャッシングを行う時にはその総額が年収の三分の一を超えてしまうと収入証明などを提出して審査が厳しくなってきます。しかし銀行のキャッシングの場合は総量規制対象外になりますので200万円や300万円のキャッシングでも収入証明がいらないところが多く、それらを強くアピールして犯罪している銀行も多くあります。

注意をしたいのはこの銀行の名前がついているキャッシュローンはそのほとんどに保証会社として消費者金融の名前があるというところです。消費者金融だけのキャッシングでは総量規制の対象で顧客の増加は難しいことになっています。ですから銀行のキャッシュローンの保証会社となって顧客を多くしたいために保証会社となっているわけです。銀行の名前の安心感からついついお金を多く借りそうになってしまいがちですが、銀行のこれらのローンも計画的に利用することが大切です。