アルバイトでもキャッシングが可能な金融会社はあります

キャッシングを行なうために必要な条件として、安定した収入があることが挙げられます。金融会社からお金を借りるには、貸金業法に基づき貸付を行なう消費者金融と信販会社と契約するだけでなく、銀行法に基づき貸付を行なう銀行カードローンを選ぶことも可能です。

 貸金業法が改正されて以降、消費者金融と信販会社からキャッシングする際には、年収の1/3以内の貸付迄と法律により決められているので、収入を証明する必要があります。過去3ヶ月分の給与明細に記載されている金額が、バラツキが少なく返済可能な範囲の貸付が出来ると判断されれば借入は可能です。消費者金融や信販会社の中には、アルバイトやパートでも申込可能と謳っている所があるので、ホームページを確認してから申込を行なうと良いでしょう。

 銀行カードローンについては、貸金業法に基づく貸付ではないので、総量規制の対象外です。審査は厳しくなりますが、アルバイトであっても申込可能とされている所は、申込を断られることはなく、仮審査という形で簡易判定が行える銀行カードローンを選べば、実際に申込を行って断られるリスクを減らすことが出来ます。キャッシングの申込を行った事実は、6ヶ月間個人信用情報機関に登録されるので、審査で否決されてしまった数が2件に到達してしまった場合には、6ヶ月以上空けてから別の金融会社に申込すると良いでしょう。