様々な用途に使える融資サービスである銀行ローン

銀行ローンは、消費者金融会社のキャッシングとは異なり、銀行や信用金庫などの個人向けに提供されている融資サービスです。借り入れしたお金は、キャッシングと同じように利用用途が制限されておらず、様々な事に使えるのが利点です。銀行ローンの借入利率は金融機関毎に少し違いがありますので、返済の負担を出来るだけ減らしたいと考えている場合には借入利率の低いものを選ぶ事が重要です。

銀行ローンはショッピングや各種支払い、交際費の立て替え用途で使い、期日までに返済するように計画を立てて利用していきますと安心して使う事が出来るでしょう。銀行ローンには限度額が設定されていますので、それを超えて借り入れをする事が出来ません。

初めてのキャッシングは銀行ローンから

今迄キャッシングをした事がない初心者もいつキャッシングが必要となるかわかりません。キャッシングをした理由の第1位は生活費ですので、その後も長い付き合いになる可能性があります。という事で、初心者の上手いキャッシングの手順をお教えします。

まず、初めてのキャッシングをする場合は銀行カードローン→クレジットカードのローン→大手消費者金融業者→中小消費者金融業者の順に借りて行く事を覚えてください。なぜかというと、銀行カードローンのサービスを行っている銀行は総量規制の対象外だからです。金利が安いという事もありますが、借入増額を行いたい時に、消費者金融から先に借りていると、銀行カードローンは審査に通らず、結果資金繰りに窮する事になります。クレジットカードのキャッシング→消費者金融と行くのは、キャッシング業界にも格がある為、その後の審査に及ぼす影響を減らす為です。いきなり中小消費者金融に行ってしまうと、審査でそれだけで資金繰りに窮していると思われますから。

キャッシングには適切な順番が存在すると理解頂けましたでしょうか。いきなり雑誌の裏に乗っている様な怪しげな金融屋に行くのは以ての外です。初めてのキャッシングで後々手詰まりにならない様に、この順番を覚えておいて下さいね。