りそな銀行プレミアムカードローンの特徴

メガバンクの一角であるりそな銀行が取扱いをしているカードローンの一種であるプレミアムカードローンは、大手銀行が取り扱っているカードローンに相応しい利用限度額の高さと金利の低さを備えて持っていますし、加えて申し込みをしやすくなっているので多くの人にオススメできる商品となっています。
りそな銀行プレミアムカードローンの特徴について具体的に解説を行います。

プレミアムカードローンの利用限度額は最大800万円であり、金利は年3.5%から12.475%という水準になっています。
申し込みの時点で口座を持っていないという人でも契約日までに口座開設を行えば申込可能ですし、利用限度額が300万円以下のコースであれば収入証明書の提出は不要となっています。

キャッシングの利息計算方法に注意しよう

キャッシングの契約を行なう際には、利息計算方法について注意が必要です。なぜなら、金銭消費貸借契約においては、元金に対してのみ利息が付く単利計算となりますが、随時返済は任意に認められているので、元金計算日について規定されている内容が利用者にとって不利となることがあるからです。随時返済を行なった場合には、即座に元金返済に充当されますが、信販会社や一部の金融業者では、締め日に元金充当する利用規約となっているケースがあります。利息計算日についても締め日時点での元金を基にして計算されていることがあり、既に任意返済を行っているにも関わらず、締め日を過ぎているという理由から利息計算時には返済済みの元金が含まれてしまう問題に注意が必要です。

元金計算方法については、返済日前日時点の元金を基準にしていれば特に問題ありません。しかし、数週間前の締め日を基準日とされてしまうと、本来は返済不要な利息まで請求されてしまうことになるので、不当な扱いとなるでしょう。利息は日割り計算されますが、随時返済金の元金充当は月単位という謎の返済方法を採用している金融業者とは、他の利用規約についても問題が無いか確認が必要となります。

奨学金とカードローンの関係とは?

学生生活調査によると、大学生で約53%、大学院生で約61%が日本学生支援機構の奨学金を利用しています。この奨学金は親の名義で借りるのではなく、学生本人の名義で借りることになります。ですから奨学金は、未成年者が利用できる数少ないローンの一つです。この奨学金は学校を卒業して秋頃から返済が始まります。ここで注意することは奨学金の返済を滞ると信用情報機関に登録され、カードローンをはじめとするあらゆるローンが利用できなくなります。また親御さんが連帯保証人になっていることが多く、責任が親御さんにまで及ぶのです。

それでは奨学金を借りている学生は、カードローンの申し込み時に影響があるのかという疑問が生じます。答えはNOで、奨学金を借りただけでは信用情報機関には登録されず、卒業後滞納して初めて登録されることになります。ですから奨学金を利用している学生でも、20歳以上の方で安定した収入があればカードローンを利用できるのです。ちなみに日本学生支援機構はKSC(全国銀行信用情報センター)に加盟していますが、3ヶ月以上の延滞情報は残り2つの信用情報機関と情報を共有します。ですから卒業後は3ヶ月以上延滞したらアウトと記憶しておいて下さい。この延滞記録は完済後最大5年記録されるので、言わばブラック状態になり、他のローンを組めなくなってしまいます。

キャッシングの利息は何で決まってるの?

キャッシングの利息を決定するのが金利です。金利はキャッシングが独自に設定しているものですが、いくらでも自由に金利を上げられるわけではありません。法律で金利の上限は決まっており、元金が10万円未満なら上限は20%、10万円以上100万円未満なら18%となっています。キャッシングが表示している金利には幅がありますが、上限の方を見てみると消費者金融などはどれも18%に近い数字になっているのがおわかりになるでしょう。これは法律の上限に合わせて金利を設定しているのです。ちなみに元金が100万円以上になると法律による金利上限は15%となります。消費者金融でも限度額が100万円を超えると金利は15%以下になるので、お得に利用することができるようになります。

カードローンは欲張らずに身の丈に合った使い方を。

私がカードローンを利用する事になったのは、主人が定職に就かず収入が安定しなくて、そんな時に子供の学校での費用にまとまったお金が必要になったからです。

生活する為のお金はなんとかあるのですが、入学する際に何かと物入りで出費がかさみ、特に教科書代や塾に払うお金は結構大きな額なので、貯金を切り崩して支払うのも限界がありました。

カードローンで良かった事は、やはりまとまったお金が手に入るので急な出費に助かりました。

手持ちの現金が無い時は本当にありがたいです。審査も割とすんなりと通ったので借り入れしやすかったです。

しかし、現金が無くてもカードで買えると思うとどこか安心して、少し高い買い物でもローンで買ってしまったりして後の支払いが大きくなってしまいました。

私が契約したカードローンは借り入れ残高によって利息が変わるので、残高が増えると利息も増えるので、結局毎月その分無駄にお金を払っているんだと思うと後悔します。

月並みですが、やはり計画的に借り入れする事が一番です。

借りたお金は利子をつけて返さないといけないという事を頭に入れて、借り過ぎないように最初に申し込む時に、限度額を低めに設定しておくのも良いかと思います。

正しくキャッシング業者を選ぶコツ

現在様々なキャッシングが利用できるようになっていますが、オススメのサービスが知りたい場合はどのようにしたらよいのでしょうか。キャッシングのサービス内容自体に関しては、どの業者も同じような内容になっていますが、業者によって使いやすい場合と、使いにくい場合があります。

実際に利用してみないと、わからないケースはありますが、キャッシングの口コミサイトなどを利用することによって、実際の利用者の意見を参考にしながらキャッシング業者を選ぶことが可能になります。特に初めての場合は口コミサイトの情報は非常に参考になるので、チェックしておくと良いでしょう。

即日キャッシングなどが利用したい場合も、業者によっては利用できない場合もあるので、あらかじめ調べておく必要があります。また金利の比較をしたりする際も口コミサイトが役立つので、これから初めてキャッシングを利用したいと考えている場合は、非常に役立つのではないでしょうか。

初めてキャッシングを利用する場合は分からないことも多いですが、事前に情報収集をしっかりと行うことが重要になってきます。また怪しい業者を利用しないためにも、情報収集をしっかりと行って、賢い利用ができるように護符する必要があるのではないでしょうか。安心して利用できるキャッシング業者を選んでみましょう。

モビットのサービスの特徴

最近ではインターネット等から24時間365日申し込みが可能な、便利なカードローンやキャッシング等のローンサービスが多数ありますが、消費者金融のキャッシングの場合でも、大手銀行のカードローンの場合でも、審査の一環として勤務先へ在籍確認のための電話がされるということが一般的になっています。

しかしカードローンやキャッシングサービスなどを提供している、三井住友銀行グループの金融機関であるモビットであれば、在籍確認の電話無しでキャッシングの利用が可能となっています。

事実公式サイトでは、Web完結申込で申し込みをすることで、郵送物も電話確認も無しで契約が可能と、公式にアナウンスされているので、安心して申し込みができるのです。

モビットではWeb完結申込をする場合、通常のカードローンとは若干必要となるものが異なるので、注意が必要となります。

偏差手段は銀行の預金口座からの自動返済に限られますし、返済用口座として、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座が必要となっているのです。

加えて、電話確認のかわりに保険証の写しや給与明細書の写しが必要となるので、忘れずに準備をする必要があります。

勤務先への在籍連絡がないので、同僚にローンを申し込んだことがバレにくいサービスとなっているので、誰にも知られずにキャッシングを利用したという人にはおすすめのサービスです。

キャッシングの返済に関してのこと

キャッシングでお金を借りること自体はそんなに悪いことではないのです。借金である、ということは確かであるわけですが、それでもキチンと返済をすることができるのであればそれは十分に問題ない、ということになります。そこは安心してよいでしょう。キャッシングは返済計画が何より大事なことになるでしょう。

キャッシングサービスをしているところはいくつもありますが、まずは金利を見ることです。金利をよく見て、最も安いところから借りるようにした方がよいでしょう。それがとても大事なことになるでしょう。キャッシングサービスの多くが意外と無利息期間を持っていたりします。

つまりは、その期間はノーコストで借りることができる、ということになります。これが何より有難いことであるといえますから、しっかりと覚えておいたほうがよいでしょう。そうすることによって、上手く活用できるようになるでしょう。キャッシングの返済はできれば一括がよいでしょう。

最近ではリボルビング払い、というのも簡単にできるようになっているのですが、基本的にはそれはお勧めできるようなものではないです。あくまで、すぐに返すことができるようにしたほうがよいでしょう。

知名度の低い中小消費者金融と闇金を見分けるには?

大手消費者金融のように知名度の高い貸金業者以外に、街金融と呼ばれる部類の貸金業者は日本国内に沢山あります。

一般的に中小消費者金融と言われることが多くなりますが、会社名を聞いても『闇金ではないの?』や『安心できる会社?』といったことで不安を感じる筈です。

しかし、闇金と正規の貸金業者を見分ける方法は容易であり、貸金営業許可の番号や日本貸金業協会の登録番号を確認することで分かります。

貸金営業許可番号は、例えば『東京都知事(◯)第○○○○◯号』といったように記載がされており、財務局や都道府県のホームページから検索することが出来ます。

また、日本貸金業協会のホームページでも貸金営業許可番号や同協会の登録番号も調べられます。基本的にこれらの番号を確認することで簡単に判別は出来るものの、近年では闇金や悪徳業者も登録を行うケースがあります。この場合、登録番号のカッコ内の番号が1と記載されている場合は注意をする必要があります。

さらに、闇金の場合は正規の貸金業者の情報を丸パクリし、ホームページを開設するケースがあるため、URLや電話番号に注意が必要となります。ホームページのURLで判別することも可能ですが、登録されている電話番号を紹介するのが一番早い方法になります。

大手の消費者金融の自動契約機で申し込みをする時の注意点

大手の消費者金融は全国各地に自動契約機が設置されています。申込手続きを自動契約機で行うと契約完了後にその場でキャッシングカードが発行されるのでその後すぐにATMを利用してお金を借りる事が出来ます。すぐお金を借りたい人にとってすごく便利ですが、注意しなければいけない点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで大手の消費者金融の自動契約機で申し込みをする時の注意点をいくつか挙げていく事にしましょう。

・本人確認書類を持参しなければいけない

自動契約機で申し込む時は本人確認書類の提出が必要になってきます。本人確認書類は運転免許証、健康保険証、パスポートが適用されるのでどれかの書類を持参しなければいけません。忘れてしまうと申込手続きをする事が出来ないので注意しましょう。

・申込手続きをしている時に担当者が監視カメラで見ている

自動契約機で申し込む時は1人になりますが、監視カメラが設置されていて担当者が申込手続きをしている時にしっかり見ています。申込手続きをしている時に変な態度を取ってしまったりすると審査で不利になる可能性もあるので注意が必要です。また不衛生な服装をしていくと担当者から印象が悪くなってしまうので清潔感のある服装をしていくようにしましょう。