三井住友銀行グループのモビット

お金を借りる時に、何も心配せずに借りるという人は少ないと思います。安心して借りられるところか、ちゃんと返済できるか、取り立てが厳しいのではないかなど不安があります。

そんな時に安心して借りることができるのが、三井住友銀行グループのキャッシングであるモビットです。

モビットはパソコン、携帯、郵便、電話、ローン申し込み機という多様な方法で、借り入れを申し込むことができます。

借り入れの方法としては、自分の持っている口座に振り込みで現金を受け取る方法、提携しているATMを使用して

現金を受け取るという方法があります。

金利については4.8~18.0%という幅があるのですが、借入残高×実質年率÷365日×返済期日までの利用日数で計算されて

います。入会金や年会費などの手数料は無料なので、安心して借り入れをすることができます。

返済については提携しているATMでの返済、口座振替など自分の都合の良い方法を選ぶことができます。

返済できる額をしっかりと計画を立てるために、シミュレーションのページであらかじめ計画してから借りることもできます。

モビットの会員になるとMyモビというサービスが利用でき、より便利にモビットを利用することができます。

安心感があり、しっかりとしたキャッシングであるモビット、借り入れにはお勧めだと思います。

キャッシングのWeb完結申込みのメリット

キャッシングはお金が足りなくなったときにすぐに借入れできてとても便利です。そのため多くの人がキャッシングを利用しています。最近のネット申込みはパソコンやスマホで24時間いつでも好きなときに申込みができます。

店舗に出かける必要もなく人に見られる心配もないので快適に申込みができます。でも契約の際には在籍確認があって会社に電話がかかってきます。このとき職場の上司や同僚にキャッシングがバレてしまうのが心配で申込みをためらう人もいます。

でもWeb完結申込みなら、会社への在籍確認の電話もないので安心して申込むことができます。Web完結申込みの場合は、電話での確認の代わりに会社に在籍している証拠となる書類として、給与明細書と健康保険書の写しを提出すれば済みます。これなら会社の人に知られる心配が全くないので安心してキャッシングの申込みができます。

さらにWeb完結申込みは自宅への郵便物の送付もありません。なので家族にさえ内緒で申込みができるのです。Web完結申込みは文字通りWebだけでキャッシング利用のすべてを行えます。申込みに限らず、借入や返済までスマホやパソコンだけで借入や返済まですべてができるのです。つまりある意味でWebでの究極のキャッシングサービスだといえるでしょう。

私のおススメのキャッシング、カードローンは!

ずばり、レイクです。

私がおススメするキャッシング、カードローン。

なぜならば、5万円以下という基準はありますが、180日間も無利息で借りられるプランがあるからです。

学生さんだって、主婦の方だって。

これだけ物が溢れた時代です。好きなもの、欲しいものが出てきて当たり前です。

その商品というのは、”安くなるのを待ってから買う”とか。そういうものでは無いんですよね。

自分が今使いたい! とか。手に入れたいという欲求が高まっている時に買う方が、

脳の快感を感じさせるホルモンが大量に分泌されて……いわゆる ”満足感” が大きいんです。

お金を貯めて買う。確かにそれは良いことなんですけれど、

その機会を逸してしまうのはもったいないと思うのです。

そこで180日間の無利息というのが活きます。

冷静に考えて下さい。180日、というのは約6カ月です。

つまり今、決意して買ったとしても、その分の料金を半年間の間に工面できさえすればよいのです。

欲しい時に欲しいだけ。その分はしっかり計画的に返済すればよろしい、と。そういうことです。

5万円という上限がありますが、それだけキャッシングできればまず十分でしょう。

大抵のものは買えます。また、返済も楽です。半年あれば、なんとかなります。

キャッシングを利用すると借金大王になっちゃうんじゃ……、これならそんな心配もないですね。

上手に利用して、楽しい生活のプラスに役立てましょう!

アコムの振込キャッシングを利用して即日融資を受ける時の指定口座別の振込依頼時間について

アコムは即日融資を受ける事が出来る大手の消費者金融なので利用者が多いです。借入方法はいくつかありますが、最近では融資の依頼をして指定の口座に振込をしてもらう振込キャッシングを利用する人が増えてきています。しかし振込キャッシングで即日融資を受ける時は融資の依頼を指定の時間までに行う必要があるのでしっかり確認していきましょう。

・大手銀行の口座は平日9時~14時30分

アコムは三菱フィナンシャルグループの傘下に入っている消費者金融なので振込キャッシングの指定口座として三菱東京UFJ銀行など大手銀行の口座を利用する事が出来ます。大手銀行は営業時間が平日の9時~15時までなので振込依頼時間は平日9時~14時30分となっています。平日の14時30分以降になってしまうと翌日の振込になってしまうので注意しましょう。

・楽天銀行の口座は24時間いつでも可能

アコムはネット銀行の大手の楽天銀行の口座を指定する事も出来ます。楽天銀行は24時間いつでも振込可能なので振込依頼時間も24時間いつでも可能になります。楽天銀行の口座を指定して振込キャッシングを利用すると深夜でも即日融資を受ける事が出来ます。アコムの振込キャッシングを利用して即日融資を受ける時は楽天銀行の口座を指定するのがオススメです。

楽天銀行スーパーローンの審査のポイントについて

楽天銀行スーパーローンは申込方法がネットのみなのでスマホで手続きをしてお金を借りる事が出来るカードローンです。それにより利用したいと考える人が増えてきていますが、審査が可決されないと利用する事が出来ません。審査は誰でも可決されるわけではないのでポイントになる点をしっかり押さえておく必要があります。そこで楽天銀行スーパーローンの審査のポイントについて見ていく事にしましょう。

・利用条件に満たしていないと審査が可決されない

楽天銀行スーパーローンは20歳以上62歳以下で安定した収入がある人というのが利用条件になっています。この利用条件を満たしていないと審査が可決されないので押さえておきたいポイントになります。

・投資や年金以外の収入がないと審査が可決されない

投資や年金も一般的には収入になりますが、楽天銀行スーパーローンの審査では認められません。楽天銀行スーパーローンの審査で認められるのは給与収入、事業収入、不動産収入などが挙げられるので押さえておきたいポイントになります。

・勤続期間が6ヶ月未満だと審査が可決されない

申し込みをする時に勤務先を申告しますが、在籍確認が取れても勤続年数が3ヶ月未満だと信用されないので楽天銀行スーパーローンの審査は可決されません。勤続期間が最低でも6ヶ月以上が必要になるのも押さえておきたいポイントになります。

キャッシングの本人確認の方法は?

ちょっとお金が足りないというときに役に立つのがキャッシングですね。消費者金融や銀行系などいろいろな借入先がありますが、借入先がどこであってもキャッシングするときに必要になるのが本人確認です。キャッシングはお金を借りたい本人が契約する必要があるので代理で誰かにお願いするということはできません。どのような方法で本人確認を行うのか、本人確認に必要な書類を提示することで確認します。

本人確認は、運転免許証を提示するのが一般的ですが、運転免許証を持っていない方はパスポート、住民票、健康保険証で確認が可能です。本人確認書類に記載されている住所と現在住んでいる住所が同一でない場合にはまた別途新たな書類が必要になるので注意が必要です。

別途必要になる書類は、納税証明書や社会保険料・公共料金の領収書などです。発行されてから6か月以内のものと指定されることがほとんどです。本人確認書類が揃っていないとキャッシングの申し込みをしてもまず審査を通してもらうことができません。申し込みをする前に、本人確認書類の住所が現住所と違う場合には住所変更手続きをしておくのがスムーズです。

本人確認は店頭窓口、自動契約機、郵送、WEBのどの申し込み方法でも必ず必要になるものです。最近利用者が多いWEB申し込みの場合は、スマホや携帯で写真を撮りデータ化して送信します。
急いでキャッシングしたい場合には、店頭窓口か自動契約機がおすすめです。必要書類が揃っていれば即審査、その後その場で融資されます。

キャッシングの申込みでの注意点はあるのか

各キャッシング会社の違いなどはなんだかよくわからないから、とにかく複数の金融機関にまとめて申し込んでどれかの審査に通過すればそれでいいという考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、その手法はちょっと待ってください。
申込みだけなら無料だというなら確かにそうですが、申し込むことで起きることを確認してみましょう。

金融機関にキャッシングの申込みをすると、申込み情報が信用情報機関というところに記録されるということを知らないという方も多いんですが、実は記録されるんです。
信用情報機関というのは日本では現在3つあり、金融機関によってその3つのいずれかに加盟しており、キャッシングの審査時などに加盟している信用情報機関の情報を参考にして審査しています。
申込みの情報もしっかりと信用情報機関に記録されるので、複数の金融機関にまとめて申し込むということは、その分だけ信用情報機関のいずれかに情報が残されるということです。

申込情報はそこまで審査に影響を与えることはないんですが、それでもあまりに多くの金融機関に一度に申し込んでいる場合などは金融機関に疑われたり、審査に多少の影響を与えることもあるので注意が必要です。
ちなみに申込み情報が記録される期間は最長6ヶ月です。

例えば10社ぐらいにまとめて申し込むといった方法は避けた方がいいでしょうし、複数の金融機関を狙っている場合でも、まとめてではなく期間をあけて申し込むとか、しっかり調べて少数精鋭で挑むといった方法が記録に残ることを考えると良いでしょう。

アルバイトでも審査に通ります

キャッシングをまだ利用したことがない方は、アルバイト契約で仕事をしていると、キャッシングの審査が通らないというようなイメージを持たれているかもしれません。
しかし、今のキャッシングはそういうことはなく、アルバイトであっても普通に審査に通ります。

申し込みをする時に「勤続年数」を記載する欄が出てきますから、そこに今の職場でどれくらいの期間働いているかを書くだけで大丈夫です。
ここで心配になるのが、アルバイト先にキャッシング会社の方から在籍確認をする場合があるということです。

今は、在籍確認に関してはすると明言している会社と、しないとはっきり示している会社とに分かれています。
ですから、申し込みをする際には、在籍確認があるかどうかを見てから申し込むと良いでしょう。

もちろん在籍確認は審査の一つですから、仕事をしっかりしているということがキャッシング会社に分かるだけでも信用は上がりますし、審査の通る確率も格段に上昇します。

アルバイトだからという理由では落とされませんから、安心して申し込みをして良いですし、お金が足りない人こそキャッシングを利用するべきなのは会社の方も知っていますから、なるべく審査に通るように様々な工夫をしているわけです。

驚くほど早く終わってしまったので時間潰しが大変でした。

ライブのチケット代を払うのに消費者金融を利用しました。
振り込み期限がかなり迫っていたので、即日融資が可能なところの口コミをネットで読んで、一番口コミが良さそうなところに決めました。

ただ、私はアルバイトですのでそれだけが心配でした。
他の口コミを書いている人は正社員しかいなくて、アルバイトでのカードローン審査の口コミはまったくありませんでした。
正社員の人は即日融資してくれても、アルバイトにはしてくれないんじゃないか、そもそもアルバイトに本当に貸してくれるのかなどとにかく不安でした。

当日は一応無人の自動契約機が使える朝一番で申し込みしました。
早い方が何かあった時の為に良いだろうと思ってそうしたのですが、あっさり借りれてビックリでした。
時間がかなりあまり、その後の時間を潰すのが大変なくらいあっという間でした。
カードローンは何も問題がないと融資までに二時間もかからないんですね。
もっと大掛かりで大変なものを想像していただけに、なかなか眠れなかった昨日の自分に教えてあげたいです。
結局、アルバイトが始めるまでの数時間本屋さんやコンビニで時間を潰しました。

無事お金を借りる事が出来、チケット代の振込みも終わりかなりほっとしました。
今回は色々と良い経験になりました。
周りにカードローンを利用したいという人が現れたら、色々と教えてあげようと思います。

モビットの返済方法で口座振替を選ぶ2つの理由

モビットの返済方法は預金口座から自動で引き落とされる口座振替、指定された口座に振り込んで返済する銀行振込、カードを使って入金するATMがありますが、口座振替を利用して返済する人が多いです。そこでなぜモビットの返済方法で口座振替を選ぶ人が多いのか理由を挙げていく事にしましょう。

・手数料が無料

銀行振込やATMを利用して返済をすると1回ごとに手数料が発生してしまうので返済総額が増えてしまいます。しかし口座振替を利用して返済すると手数料が無料なので返済総額が増える事はありません。モビットは金利が高く設定されていて加算される利息も多いので手数料は無料にしたいと考える人が多いです。

・返済するのを忘れる事がない

銀行振込やATMを利用していると返済期日を常に覚えておかなければいけませんが、うっかり忘れてしまう事もあります。返済期日を忘れてしまうと滞納になってしまうので業者からの印象も悪くなってしまいます。しかし口座振替を利用して返済していれば返済期日を忘れてしまっても口座から自動で引き落とされるので返済するのを忘れてしまうのを防ぐ事が出来ます。

モビットの返済方法で口座振替を選ぶ人が多いのはこのような理由が挙げられます。返済方法としても一番オススメなのでモビットでお金を借りた時は口座振替を利用して返済するといいでしょう。

未成年の学生がキャッシングを利用したいときは

通常、安定した収入があれば、学生でも消費者金融や銀行のカードローンを申し込みすることができます。

しかし、この契約は、一般的に「20歳以上」となっています。

そのため、未成年の場合は、消費者金融のキャッシングや、銀行のカードローンを申し込むことができません。

ただし、クレジットカードのキャッシングであれば、未成年の学生であっても利用することができます。

そのため、どうしてもお金が必要という場合、20歳未満であればクレジットカードのキャッシングがおすすめです。

なお、親権者の同意があれば未成年でもキャッシングの契約が出来る場合があります。申し込みをしたい消費者金融があれば確認してみることをおすすめします。

レイクALSAは審査時間がものすごく短い

レイクALSAというのはその特徴に審査時間の短さというのがあります。

審査時間というのはいろいろな消費者金融を見ても、最短で30分とかが多いと思います。

しかし、レイクALSAでは最短15秒となっていて、他の会社とは全くレベルが違うという状況になっているのです。

でも、何で15秒で審査が終わるようなことがあるのか?というと、レイクALSAでは人間が審査をやっていないというのがポイントになります。

レイクALSAではAIが審査をしているので、瞬時に適切な審査を実行し、結果を出すことができるのです。

だから、レイクALSAを経験すると、他社の30分でも長く感じる可能性があります。

15秒というのは最短なので、絶対にその時間で完了するとは言えませんけど、全体的にかなり早い時間で済むでしょう。

大手と中小の消費者金融で異なる自動契約機の台数

消費者金融の最大の強みと言えば、サービスの充実です。

申し込みが簡単でいつでも行なうことができることや、借入までの手続きの簡素化による即日での可能なキャッシングは消費者金融ならではの特徴と言えます。

会社によってさまざまなサービスが行われている消費者金融ですが、大手だけでなく中小の消費者金融でも即日融資に対応しているところもあります。

ただし中小の消費者金融では自社で運営している自動契約機の台数が多くないため、消費者金融の売りである即日融資に手間がかかる場合もあるのです。

自動契約機の台数は、とくに急いでいる方にとって利用のしやすさに直結してくる部分でもあるので、キャッシングの際には自動契約機の設置台数や場所などをあらかじめ確認することも重要です。

24時間コンビニで使えるモビットが便利

以前友人の急な結婚パーティーが決まってしまい、他にもお金の出ていく用事の多いシーズンだったので慌ててモビットでキャッシングをしました。急なことで振り回されてはしまいましたが、向こうにもそれなりの事情があったので仕方がないです。なんといってもモビットで即日融資を受けることが出来たのはとても幸運だったと思います。

それからしばらくは利用していなかったのですが、最近ちょこちょこ利用するようになりました。24時間コンビニで利用ができるのですごく楽なんですよね。私は面倒でネットバンクの口座は作っていないのですが、コンビニはすぐ近くにあるのでよく利用しています。いつも使うコンビニでキャッシングが利用できるって本当に便利ですね。

アマゾンについて

通販大手のアマゾンを利用している人は多いことでしょう。学生もきっと助けられているはず。送料無料や日付指定のできるアマゾンプライムには、学生用のアマゾンスチューデントがあります。アマゾンの年会費が上がった事はよく知られているかと思いますが、この学生用のは、年会費が半額で、同レベルのサービスを受けることができます。大学院生も対象です。

社会人から、仕事を辞めてアルバイトをしながら学業に励む方にとっては四月から急に節約必須の毎日になったことと思います。日常的に使っているところから、学生の特権を使っていきたいところです。学校のメールアドレスか必要になってくるので、詳しい手続きはアマゾンスチューデントで検索すると丁寧に手続き方法が書かれています。

また、体験版もやっているようで、6ヶ月も無料で体験できるようです。なんとも有難いシステムだと思います。学校の生協と併用して書籍から日常使う物まで、効率良くコストカットしたいものです。固定費はなかなか下げられないものですが、学生へのサービスを是非利用してベースの出費を徹底して抑える必要があります。

ハピタスなどポイントサイトで空き時間ポイントを稼いで、アマゾンのギフト券に替えて生活費の足しにもしています。アマゾン買取は書籍は割と高値で売れるので、1冊からでも買取に出し、アマゾンギフト券にしています。下げたくない部分の生活の質はこういった工夫で節約していくことができます。

ポイントで気持ちよくレジャーしましょう。

最近はキャッシュレス化が進み様々なクレジットカードやポイントカードを利用している方も多いと思います。

我が家も一緒です。

我が家の場合はポイントを貯める目的はただ一つ!「レジャー費に充てる為」と言うはっきりとした目的があります。

なんとなくポイントを貯めていても、なんとなく日々のお買い物で使ってしまったり、うっかり失効してしまったり、実際いくらお得だったのかよく覚えてなかったりします。

我が家では「ポイント貯金」と家計簿に記入し、明確に項目を分けていて「いついつまでに〇〇に行く!」と現実的な目標をたてています。

明確な目標をたてる事によって、如何にポイントを上手に稼ぎ失効しないよう意識して買い物するので、節約というよりかは目標に向かって!と前向きで楽しいものになります。

ポイントにも有効期限があるので、日常の買い物などにポイントを適宜消費していくのですが、家計簿にはきちんと商品の金額を記入し、ポイントを使った分はポイント貯金の項目に記入していきます。すると毎月様々なポイントを集約していくと平均3000円分位のポイントが貯まっていく計算でした。意外とバカにできません。

その分をレジャー費に充てるので、月々の家計を切り詰めてレジャーするのではなく堂々とレジャーに充てられます。

クレジットカードでポイントサイトを経由したり、ポイントカードとクレジットカードのポイントを二重取りする事を考えて買い物するので、どの支払いがお得でどのカードがポイント還元が高いかを常に考えるので良い脳トレにもなってるかもしれません。

キャッシングを利用するのに必要な審査

キャッシングを利用するにあたり最初に金融会社から審査を受けることになります。

どんな審査をするのかというと、一言でいえばお金を貸してきちんと返済してくれる能力や性格であるかです。

まず返済してもらうために安定的な収入を得ているかがポイントとなります。

一般的に会社員が優遇されますが、貸付金が減るもののアルバイトでも借りられるケースも多いです。

またすでに何かしらのローンを組んでいる人は、そちらも考慮されます。

そして、返済できる性格として、今まで他社でのキャッシングサービスで支払いを滞ってないかの有無で判断されることが一般的です。

要するに、普通に働いている人で初めて利用する人は審査に通りやすいというわけです。

暖房費の節約術で快適に過ごす方法をご紹介します。

寒い冬を暖かく過ごすために暖房器具は欠かせませんよね。

ストーブをはじめ、こたつや電気カーペット、エアコンなど、部屋全体を暖めるものや体のある部位を集中的に暖める用途によって異なりますね。

ただ、そのほとんどの暖房器具は電力を必要としているので、家計を圧迫してしまいます。

暖房費を節約するにはどうすれば良いでしょうか。

暖房をつけても隙間風が入ってくるようでは部屋の空気は暖まりにくいものですね。

最近の戸建てやマンションでは密閉度も高いですが、年期の入ったお家では部屋の出入り口のドアやふすまなど隙間があると、そこから冷気が入ってきます。このような場所には隙間を埋めるテープが便利です。

また窓ガラスには、梱包用のプチプチシートを貼るのもお勧めです。冷気を遮るだけでなく保温効果も期待できます。さらにカーテンも厚手で保温性の高い素材の方が、より冷気を防いでくれます。腰高窓の場合は窓枠より10cm以上の長さが理想で、掃き出し窓の場合はカーテンが床にひきずるぐらいの長さにするのがよいでしょう。

暖房費を節約するには、せっかく暖めた空気を外へ逃がさないことです。ドアやふすまの隙間を埋めることやカーテンを厚く長めにすることで、暖かい部屋の空気を保つことができます。快適にそして家計に優しい冬を過ごすためにも、暖気を逃がさない工夫を施しましょう。

キャッシングの限度額はどのくらいなのか

キャッシングの限度額はいくらなのかというのは個人によって違うことになりますので注意しましょう。正確にはその人の年収の1/3が限界になります。これは法律的な限界という意味であって必ずしもキャッシング業者がそうを設定してくれるというわけではないので、間違えないことです。基本的に何度も借り入れと返済を繰り返すことによって信頼が生まれることことです。

キチンと返済をしてくれる人である、という信用が積み上げられることになりますので、限度額が挙げられるということがあります。但し、これは必須ではないです。キャッシング業者からあげませんかということを言われたりするのですが使いすぎることが不安なのであれば断るということも十分に出来るようになっています。

銀行カードローンの金利の設定の特徴について

消費者金融は基本的に上限金利が18%で設定されている事が多いですが、銀行カードローンは大きく異なっている事も多いですよね。低金利なので申し込んだけどよく確認したら高金利だったというケースも少なくありません。そこで銀行カードローンの金利の設定はどのような特徴があるのか紹介していきましょう。

大手銀行とネット銀行がカードローンのサービスを提供している事が多いです。大手銀行のカードローンは上限金利が14.5%前後で設定されているので消費者金融より低いです。しかしネット銀行のカードローンは12%から13%前後で設定されている事もあります。ネット銀行は無店舗型なので人件費などのコストを削減する事が出来ているのが大きな要因となっています。金利を重視したい場合はネット銀行のカードローンを利用した方がいいかもしれませんね。